« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006年5月

2006年5月31日 (水)

さらばい

060531_224001

1年間お世話になったアルバイトを本日付けで辞める。記念になにか1枚CDを、と思いベン・フォールズのアルバムを手に取る。最後の10%値引き。帰りにBBQにおよばれし、肉をたらふく食い、網焼きでもピザを焼けることを学び、レバーにぐっとくる冗談などで頭が痺れるほど笑った。ごちそうさまでした!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月30日 (火)

緑燃ゆる

緑燃ゆる

おしごとの合間を縫って金梅花を受取りに車を走らせる。ラジオから流るるはRENTのテーマ曲。これだけで泣きそう。近々、映画は必ず観に行きたい。

夏が来る!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月28日 (日)

カーリー 減量で年下カレと交際順調

http://news.goo.ne.jp/news/sponichi/geino/20060528/kfuln20060528006004.html
しやわせなんだね。ブイブイいわせてるんだね。

一方ワタシハトイウト、バイト先で「結婚退職するらしい」とケッコンのケの字もないのにあらぬ噂を立てられ、「火のない所に煙は立つのだ!」を身を以て体験。会ったこともない相手と熱愛をスクープされる芸能人の気持ちが分かったYO。分かってどうする。しかし、ほんとに芸能関係の噂ってそんなものなんだろうと思う。ここがこうくっついたら面白いよなー、という根拠なき第三者の思いつきでワイドショーは盛り上がるのだ、きっと。
いや、好きなんですけどね、ゴシップ。特にスケールのでかいハリウッドやセレブもの。そういうネタはたいがいここで仕入れます↓

J-waveグルーヴラインでもおなじみ「ABC振興会」
http://abcdane.net/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月22日 (月)

妄想族

假屋崎省吾が15kg痩せていた。
私は一時期、名前(本名)に「かり」が付く、という理由だけでカリヤザキとか、カーリーとか言われていたので、テレビで見かけるとチャンネルを変えない程度には意識していたりするのだが。どうやらダイエットクッキング本を出すらしい。シークァーサー料理がポイントらしい。手広いなあ。この人はメガネをかけていないほうが男前に見えると思う。そして実は結構こわい人なのでは、と思う。

頼まれたイラストを、ゴルゴばりの劇画調で描いて納品したら大変なことになるんだろうなぁ…と絶対やらないよ?絶対やらないけどそういうifもしもシチュエーションを想像して、作業中ひとりでプフー!と笑ってしまうワタシ。ナチュラルにハイ。中高時代、退屈な授業中に「私が今黒板に向かっているセンセーの頭を狙ってシャーペンをダーツしたら大騒ぎになって授業中断になるんだろうなあ」とかよく考えていたことを思い出しました。
さて、空は白むがもうひとがんばり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月19日 (金)

はぢめての違反きっぷ / 3年2組 九月亙子

060522_002801

だっふんだ!!

一時停止違反で減点2点。
知らないよ…新しくできた道で優先道路がどうこう言われても…
まっすぐ走ってる道の方が優先でしょうYO!コラ!

それは、誰もが話を聞いて「運が悪かったね」としか言いようのなかった19日、正午前。はじめパトパトに全然気付かなかった私は、そのまましばらく走っていたため、拡声器とサイレンを鳴らされ、私が車から降りた時には、近隣の方々は犯罪者を見るで私を…。イタイ、イターイ。
はじめてパトカー後部座席に座らされましたが、座り心地はまあタクシーと変わらない。ずっと居ると酔いそうな車の匂い。警察の対応は至極事務的で指紋をとった後は指拭用ティッシュ&ゴミ箱をなあなあの説明で促される。ゴミ箱の中にはくしゃくしゃに丸められたティッシュが3つほど。ああ、ムジナよ。

この貧乏な私から、夏目たちを7人ほど巻き上げるんだ、おかみは。
「26日までに払い込まないと土浦警察署に出頭してもらうことになりますからね」
むしろこの際、あまりない体験なので出頭してみようかな…
私の今月の残金は3000円です。はい。
ちなみに25歳で貯金はゼロですが、なにか。
「宵越しの金は持たない」のは、江戸っ子の特権じゃあありま千円☆
わかっているよ。私が悪いんだってこと。
法治国家だもの、私が住むこの国は。
でも…でも…

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年5月18日 (木)

だまされ太!

060518_231401

だまされた!!

25年間ずっと女の人だと思ってた。
マドモアゼル・愛、オッサンじゃないか!
マドモアゼルだなんて言うから…。
小学生、中学生、学生時代の乙女心が
すこしでもこの人に左右されていたかと思うといたたまれない。

しょっく。えんどれす・しょっく(堂本光一)!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ランチョンマット!(意味なし)

いろいろやることが溜まってきて、これは、きっと大変な2週間になる予感。
でも、アルバイトも今月で辞めるので、最後なので、普通に週3で入れてしまた…。
さては、ハード デイズ アンド ナイト だな!

頭を使うとあまい物が食べたくなるのは摂理ってもんたよしのり。
抹茶シュークリーム→栗せんべい→小枝→キットカット→栗せんべい。
ああああああああああ。
『自虐の詩(下)』のクライマックスを読んで、また泣いちまった。
そして、なんでだろう、深夜労働にはなぜか岡村ちゃんなんだよなあ。
アドレナリンか?アドレナリンなのか??

最近weezerをはじめてじっくり聴いたのですが、いいな!と思った曲が後で見てみたら『tired of sex』という曲名で脱力しました。なにも、そんな。

お茶漬け食べたい。鮭。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年5月15日 (月)

伊豆下田にいってきたの巻(後編)

Kanaya
2日目。おじいちゃんの墓参りに大安寺へ。
雨は降ったりやんだり、引き続き変な天気。
お水を取り替えて帰ろうか、とそのとき目の前の参道にゴミが。
どうしようか。拾うべきかスルーするべきか…はう!
私、去年も、墓参りの帰り道、ここでゴミを拾おうか迷ってやめたんだった!
そんなことを思い出してしまったのでおもむろに拾おうとしたら、母に「お墓にあるものを勝手に動かすのはやめときなさい」と珍しくぴしゃりと言われたので、今年も拾わず。なんだかなァ、ひっかかってたんだけどなァ。

午後、街を歩きがてらお土産を買った後、ママンとパパンは一足先に茨城帰還。
私はひとり蓮台寺へ。なにかって、あなた、勿論温泉ですわよ。
念願叶い、一年越し。以前から気になっていた千人風呂の「金谷旅館」へ湯浴みにいってきまし太。
溜め息の出るような、年季の入ったいい雰囲気。そう、私が求めていたのは是…!!写真は休憩待合室になっているお座敷。これで雰囲気が少しは伝わるでしょうか。くー。秘湯なカンジ!
ガラガラとガラス戸を引きーの、古い学校みたいな黒光りする木目の廊下をつとつと進みーの、いざ浴場。入って気付いたのですが、千人風呂ってのは男湯だった模様。混浴可で女湯からも鍵を持ってアクセスできるわけですが、さすがに勇気は出ず。残念ながら“千人”の広さは確認できず。でも入湯料の1000円は取り戻せるだけの女湯(総檜のかけ流し!!)&建築・雰囲気を味わったことよ。たまたま私が入った時はオバサンひとりしか居なかったので、胸くらいまである深さのところで泳いでしまった。た。た。それも背泳ぎでね。たぶん脱衣所から見たら水死体に見えただろう。お湯の上を渡っていく湯気の筋が、天井へ流れていくのをずうっと見ていた。はう。機会があったら宿泊してみたいぜ。


3日目。おじさんが最近ほぼ毎日通っているお気に入りスポット「上原仏教美術館・近代美術館」へ。高橋真梨子が大音量で流れる車の窓からは、きもちのよい風。最終日にして、快晴。吉祥天、菩薩、良いお顔。近代美術館ではマティスにもご対面。そしてコーヒー。私はこの叔父がたいへん好きである。柄が悪く見える服も、侍顔も、しゃべろくなところも。
昼ご飯をいただいて、踊り子号で東京へ。車に比べてはやいはやい。ただいま!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月14日 (日)

はじめまして、へアピンカーブ!

060513_182501_1
沼津ICを降りて国道1号線から下田へ。
走らせるのは天下御免のむこうみずだぜ土浦ナンバー。
3年前装備のイマイチ信用のおけないナビに委せた結果、私のドライブキャリアに「天城越え」が追加されました。ふもとまで降りてきた深い霧に、空中で完全な二重螺旋を描くループ橋、はじめての鹿(野生)、久々のギアチェンジ(2nd)…Oh,スパルタン!ちなみに鹿は雌鹿でした。 ナビの野郎は小1時間「この先カーブが続きます」のひとつ覚えで芸がないと思いました。未読ながらあれはきっと頭文字Dだったよ…。

無事目的地周辺に到着し、叔父叔母祖母と1年ぶりの再会。バーバが思ったより元気で少しホッとした。えがった。夕飯は近くの小料理屋にて蟹の釜飯を食べ、姪っ子ポジションを楽しんだことだよ。つづく!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月13日 (土)

亀田つくば

ワッホイ!
http://news.goo.ne.jp/news/sanspo/sports/20060512/120060512014.html

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年5月12日 (金)

今日は今日とて。

060512_192501おしごとをこなしつつ、夕方から四谷へ。

紺のジャケットに紺の膝丈のズボンをはいてキャスケット帽かぶっていったんですが、四谷の駅のトイレにて「少年探偵団気取り?」と自戒の念にかられました。
でかけるときは自分の中で「ヨシ!」とか少なからず思っていたのに、どこでどうメタモルフォーゼしたのだろう…。どこかで何かの歯車が狂ったんだね。エヘエヘ。オッス!装いってムズカシイヨネ!!

そういえばこないだ服屋さんですごい接客をされ太。

その人には前にも一回遭遇していた。ことを後で思い出した。
その日は午前中雨だったのだけれど、「雨上がったみたいでよかったデスね!!」とかとりたてて話すこともない癖に話しかけてくるので、「はあ、でも私は傘もってきてませんでしたので」と、こちらも答えにもなっていないどうでもいい返しをしたら、「その、お客様の傘を持たないという信念が晴れさせたんですね!!!」と言われた。石原良純にグーで殴られればいいのに…。

それはそれとして。
CHILI嬢、初四谷天窓デビューおめでとう。
ポンパドール、よく似合っていたよ。
ドリンクを頼んだらお通しがついてきた!!
ネギと鶏肉のトロリ風。(勝手に命名)
柿ピーもテーブルに常時スタンバイ。
これでドリンク代500円とは…さてはお得だな!
曲名をいつも忘れてしまうんだけど、
ここいちばんの新曲が山下達郎みたいですごく好きです。


あしたから伊豆下田にいってくらあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月 6日 (土)

赤chang

060430_134001_1

つるちと待ち合わせ、旧エパシさんと赤様の待つ西荻へ。久々!
八百屋さんとか、喫茶店とか、ごちゃごちゃして活気のあるこの感じ。エパシさんと一緒に歩いているから、という理由も多分にあるのはさておき、東京独特の街と人との距離感みたいなのに久々!にあこがれた。新鮮。

そして、なんたるちあ!嗚呼、なんたるちあ!

エパシさん!なんか黒目がちな可愛い子が前にくっついてますYO!
こどもはみんな(ということにしておく)こうやって周りの愛をシャワーのように浴びて、すくすく育っていくのだね。
私もつるちもみんな、そうだったのね。ありがとう、ママン!と母の日を前にして感謝の気持ちは加速。

エパシさんがふるまってくれたボ〜ノなスコーンとサラダ、デザートをおいしく美味しくいただきながら出産話、近況から関東ローム層について語らう。はじめ慣れない珍客ふたりに表情の硬かったコーちゃんも、足をぐんぐん動かしながら笑ったり、元気におっぱいを飲んだり、眠ったりしながら話に参加。おとな3人が話に夢中になってほっとかれると、自己主張をはじめるのが面白かった。かわいくて、元気で、素直な娘。ぜひ、しゃべれるようになったら中途半端に古いギャグを覚えさせてあげたい、ごく個人的に。あえて「ゲッツ!」とか。
やばいな〜こどもおもしろいな〜40歳までには一児もうけたいわ〜。
そしてできれば脇の下なんかから、くぐりぬけフープみたいに無痛でひょっこり生まれてきたら最高DA.YO.NE。
と、いいところだけ見て思いました。いろいろたいへんなんだ!生活わ!

心なしか顔つきが私に似ているという指摘が上がりましたが、今になって思うとコーちゃんが私に似ているのじゃなくて、私が赤様顔、THE ベビーフェイス OF ベビーフェイスなんじゃ…比喩としての童顔じゃなくて…真の…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月 5日 (金)

5月5日は亀田の日ィや。

060430_153001
こないだの「オーラの泉」を見逃した…的場浩二だったのに!!

そう、私は的場浩二が好きなんだ。
バラエティでトークを繰り広げる的場浩二が好きなんだ。

きっかけはいつかのダウンタウンデラックスで、「車で道路を走っていたら老人と子供が歩いていて、よく見たら緑で、よくよく見たら絶対に材質はゴム!(緑のゴム人間を見た!)」話を熱く語る彼を見て俄然好きになりました。その後も娘の名前が「ティアラちゃん」だとか、押尾学が彼の舎弟であるとか、ぐんぐん私の中で好感度は上がっていたのですが。

昨日のダウンタウンデラックスでは、「大好きなパラオで新種の虫を発見したので『マトバムシ』と名付けようと捕まえたら、ブルブルっと震えて逃げられた。後で図鑑で調べたら超猛毒の危険生物だったよ!さされなくてよかったね!!」という感じの話を繰り広げていたのだけど、面白かったのだけど、もう、彼は自分のキャラとそのギャップが生み出す面白さ、そして周囲の期待に完全に気付いていて確信犯のテイだったので、少し私の眉は八の字になりました。でも、テレビってむずかしいよね。バラエティって大変なんだろうな。「緑のゴム人間」の時も既にそうだったのかもしれず、我が気付いていなかっただけ鴨しんまい。

今日も「ごきげんよう」で城咲仁のトークに合いの手や絡みを入れる次長課長を見ていて、テレビってハードワークなのだ、と似たようなことを思いました。巷では前々から好感度の高い河本氏ですが、遅ればせながら最近同感。やっと巷に追いついてやった。

それにしても今日は格闘技たくさん。こないだもKIDの4秒K.O観たばっかり!あれは凄かったね!!思わず声を出さずにいられなんだ。写真は浜離宮の見事な牡丹、名は麒麟司(キリンジ)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月 1日 (月)

まいっちんぐNOW

060430_165302_1
ゴルデンウィク早々風邪を引いたんだよ、よ、よ。「お前は暇があると風邪ばかり引いているね」と父に言われた。馬鹿か、と。そんなことあるわけないだろう、と。冗談の成り損ないみたいな発言にも突っ込む気力すらなし。

喉鼻熱だるい、とが昨夕から一気にキて台風みたい。これは浜離宮から浅草まで、初めての水上バスで海風(?)に当たったせい?日曜日の浜離宮で女三人真剣にシャボン玉を吹き続けたせい?それともどこからともなく湧いて出た、見渡す限りどこの家族に属しているかトント掴めぬ幼女を「無所属・新」と命名、「マニフェストは『溶け込む』」とか「本当はあの松のうろから生まれた」とか散々言っていたせい?

喉の痛みは決して浅草で食べた濃厚すぎるオランダハンバーグのチーズソース由来ではなかったと知る。昨日は熱で浅い夢ばかり見て眠れず。あえて熱を測らずに無理矢理いったバイトが、なんたるちあ、肉を斬らせて骨を断つ、上がった基本時給の採算を合わせるべくか、蒸し風呂のような店内をして断固として冷房を入れようとしないので、熱くて鼻血出るかと思った。いつか、真夏の炎天下、全校集会で倒れたあの子の背中が見えた気がした。倒れなかった今日の私を抱きしめてやりたい。ばんざーい。

注目すべきは横たわったオブジェじゃない、そのそばにそびえる金色のビル上部だ。注いだ際の泡立ちを再現していることを君は知っていたか!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »