« 夏と花火とスナックのママと。 | トップページ | わたしのなつやすみ »

2006年8月 6日 (日)

そして伝説へ…

060716_222902Xデー(ケコーン式)からもう既に3週間が経過(!)しているにもかかわらず、当の新婚夫婦はもう既にハニームーンのモルジブはヒルトン島から帰国しているというのに、かたくなにあの日を日記に起こしていないのは、つまり、くだんの演奏が終わった後、笑顔で勝利の(?)ウインクを交わせなかったカーラーダーヨー。
明らかにゲターだったね、あれは。ギターじゃなかったね。新婦妹ちゃんのサックス、新郎兄様(プロ)のピアノ、新郎友人のチェロ、新郎の作曲ピアノ、そんな中で、ゲターと鉄琴とお歌をば。勇者だった。だっふんだ!!!!!

水平線の見える教会、海辺の披露宴、常夏娘こと新婦ちゃんのいつにも増して輝く笑顔。かわいい花嫁満開で、結婚式はとても素晴らしかった。なごやか、ってまさにこういうことを言うんだな!という雰囲気に包まれていた。テーブルのお花が格好よくて、ごはんもおいしかった。じゅるり。ほんとう、もっともっと幸せになってオクレ。

夜は式場近くのお宿をいただき、ドレッシーなまま散歩。夜の海に浮かぶ、江ノ島が見えた。あまったるい桃ジュースを飲んだり、好意でドカベンの歌にコーラスを入れたのに、むかつかれたりした後、眠。
翌日、江の電に乗って長谷寺へ。咲き誇る蓮の花がおでむかえ。いい。長谷 DE LOVE!ここの十一面観音のたたずまいが好きだんだ。一度来たことはあるのだが、その時は気付かなんだ胎内巡り的洞窟。奈良の長谷寺にも、また行ってみたいなぁと思う。薬師寺にも行きたい。その後、生シラス丼を求めて入った定食屋では、三者各々「天丼」「天丼」「かつ丼」。わたし「かつ丼」。HAHAHA!

|

« 夏と花火とスナックのママと。 | トップページ | わたしのなつやすみ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173501/11292956

この記事へのトラックバック一覧です: そして伝説へ…:

« 夏と花火とスナックのママと。 | トップページ | わたしのなつやすみ »