« 「マッチポイント」というか、スカーレットたん | トップページ | ヲタんじょう日 »

2006年9月 1日 (金)

さんくす

060901_010601
ここ最近「銭がないから」という理由で数々の付き合いを泣く泣く断っていたら、ついに「誕生日近いからおごってあげるよ」という神が現れたのでホイホイついて行く。ワッホイ。

ひさびさのメンツで楽しいひととき。皆それぞれ人生の歩を進めていた。
新しい環境やその中での処世術に花が咲く。「職場で分からない、でも常識ぽいことを訊くときは、訛って訊く」という話や「デスク隣りの、いい人そうな人にハマっている食物の話を振られたので『私、うまい棒のチーズ味にハマってるんですよ!』と返した後無視られて恥ずかしい思いをした、油断ならない」という話や「なぜか夕方4時ぐらいに出社してくる社長の三男」の話で盛り上がる。ちなみに、訛りの件は、訛ることによって、田舎からでてきたばっかりじゃ分からなくてもしょうがないよネ☆という同情と和みを相手に与え、実際にコミュニケーションが円滑に行くそうです。新しい。

そして、本を献上された!ありがとう!!このセレクトは嬉しすぎる。
おぎやはぎの方は、ただのタレント本ではなく、何気にビジネス実用的な内容で、矢作が就職面接のとき「僕から英語を取ったら、何も残りません!」というハッタリで合格した、という話に心を打たれた。

|

« 「マッチポイント」というか、スカーレットたん | トップページ | ヲタんじょう日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173501/11719052

この記事へのトラックバック一覧です: さんくす:

« 「マッチポイント」というか、スカーレットたん | トップページ | ヲタんじょう日 »