« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月

2006年12月30日 (土)

デムパdeはしご

061229_145301
はわわ。年賀状未だ手つかず…

すべらない話→検索ちゃん→ピンポン(ノスタルジィ!)→…

千原ジュニアとほっしゃんの安定感たら。
品川庄司の漫才を久々に見た!『虎ノ門』時代を思い出しました。すごいや。

いやーん…手が進まぬ。
『ピンポン』のクレジットでは、取手市卓球連盟と流れているのを確認。
そこんとこよろしく。
潰れてほしくないなァ窪塚洋介。

今、『東京タワー』が流れているのですが(『恋の門』はRec中)全ての台詞に戦慄。
寺島しのぶがリアルすぎて見ていられません。
比べると、黒木瞳が出し惜しみしているように見えるのな。
加藤ローサが居て、且つ寺島しのぶにいくのかね松潤!!コラ!
ジャグジーで桃とか食ってる場合じゃねいだろ!
嗚呼全ての設定が気持ちの悪い感じで地上からフワフワ浮いているわ。
これは何層をターゲットにしているのか…。
駄目だ、ものすごくイライラする。
もう、どうにかしてくださいこの人たち…
妄想とインテリ要素でギラギラしたソファやベッドの下からエスパー伊東とか出てきたらいいのに…
といいながらも最後まで見届けてしまうのか、我。ギャ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年12月25日 (月)

ついでに

061225_052301
余り物で、おそろいの簡易ピアスを作ってみたでしかし。
MA☆N☆ZO☆KU!

私は現在ピアスホールが開いているのが左のみゆえ、
いつも、片耳分でいいから半分の値段にしてくれ、と思ってやまない。

ZZZ…


| | コメント (2) | トラックバック (0)

やーっと やっととと

061225_032401
こ、これは…!!
お初にしては、上出来なのでは。
ワッホーイ☆

でも、Tピン・Qピンが、よく見ると、いびつ。

だらだらテレビを見ながら作っていたのですが、
CMを見ていたら、「龍が如く2」がとてもやりたくなって困っ太。
駄目!プレステなんて買ったら、廃になるのが目に見えているもの。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

ホゥ ホゥ ホゥ

061225_002101_1
笑い飯のネタが見たかった。決勝戦で。もう一度。
その後チラ見した音楽番組で、ジャネット・ジャクソンが着ていたトップスの
ハロー♥ケテーが横に伸びてパチモノみたいになっていたのが気になりました。ホゲー

気分がいいので、今からショール用のピンを作ることにした!ホーリー!
小豆島のオリーブは最高にうまいのな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月21日 (木)

マイ・グラデュエイション(speed)

061223_170801_1
本日、出稼ぎ先から旅立ちました。た。た。
タフ値が2上がった。
餞別として胡桃とウィリーヲンカチョコとサバのカッターを。
サバのカッター…!!
ウォンカのチョコは、噛んだら、キャラメルがコンニチハ!ネスレ、やるじゃないか。
ネスレ特有のあっまーいミルクチョコレートが功を奏していたと思う。美☆味。
胡桃はおひたしの上に盛りたい。with味噌和え。じゅるり。

ありがとうございまし太!お世話になり候。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月 9日 (土)

都会は きらめく ぱしょんふるー(杏里)

061203_010901_1
中学生の頃のケープ並みにプチ・ハードな日々。気をつけろ!あの謎の白い粉!

【内省】
なにを言っても、結局行動できないと全て言い訳になってしまうのな。
やはり、言ってることじゃなくて、やってることで判断するしされるのな。
物事にはタイミングってものがあるので、それを逃さないようにせネバー。
レッツ・フル稼働。

【最近の私】
■グラビアを見るのが楽しい。写真集色々ほしい。女の子好きに磨きがかかる。いいのか!!
そういえば、今月の『Brutus』を見て、「蒼井優に『沖縄に連れってって』と言われて連れて行かない人間がいるだろうか、いやいない」と思いました。はうー

■トミーとチキジョージに行った時、「にじ画廊」で見つけた『umloo』さんのアクセサリが愛しくてたまらない。よく見るとキング・オブ・ポンデリングやオッサンの横顔チャームが!(写真)女子で良かっ太。冬の間に、自分でもショール用のブローチピンを作ることを決意。


ちなみに吉祥寺PARCOのエスカレーターで、トレンディドラマのように楳図センセとすれ違う。ジャンパーもしましま!!3度目ながら、冬仕様のセンセはお初。いい年の瀬にな☆り☆そ☆う。そしてやはりロンロン、ラブい…!「オリエント急行」は食べちゃいたいくらい好きです。どんと・すとっぷ・高揚。今回も「何故私は中央線沿線に住んでいないのだろう…」と心から疑問を抱くこと3,4回。


余談:「ラブい」と言えば、中学校時代ヤンキー気味の「好美」ちゃんが「ラブ美」と呼ばれてたのが可愛くて、あだ名なしコンプレックス娘(本名+ちゃん付け以外に発展しない)としては、ずっといいなあと思っていたことを思い出した!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年12月 1日 (金)

師走が街にやってくる。

師走が街にやってくる。

利根川から湯気が出ていたよ。対岸の煙突からは、煙白くたなびきたる。

先週末、友達と第一弾「おふろ会」企画として台場は大江戸温泉物語に行ってきます太。お台場、噂通りのガラガラ具合は素晴らしかった。お昼前なんて、ショッピングモールのデッキに下劣な落書きがされた屋台がうら寂しい体で冬の日光にさらされていたよ。時の流れ、わびさびをも感じられるスポット。ランチはサプライズでおたんじょBを祝いつつ、風呂へ移動。

大江戸温泉、満足度を上回る料金…。私は借りる浴衣のサイズを誤り、つんつるてんで「村の子供A」のようないでたちに…。江戸風味の町並みを歩きつつ、クレヨンしんちゃんの映画「オトナ帝国…」てこういう感じなのかもしらん、と思いました。全体的にとてもゆるゆるしていて、施設から出て“帰る”のが億劫になる所など。

特筆すべきは、30℃台の温泉に棲み、且つ人様の角質をついばむ驚異の淡水魚ドクターフィッシュ!足15分コース、記憶推定価格1,050円也。はじめこそばゆくてたまらないものの、慣れると軽く電気で痺れているみたいな感覚に。10人前後居る他のお客さんの足元は閑散とする中、友達の足元のみ実質3000円クラスの大フィーバー。それが彼女の角質の量によるものか、味によるものなのかは世界の秘密なんだ、永遠にきっと…。もしくは空気の読めるドクターフィッシュからの誕生日サービスかも新米。

第1回「おふろ会」総括:お台場でお風呂に入った場合、帰路での湯冷めはほぼ避けられない。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »