« 新居訪問で大失態の巻。 | トップページ | 都会は きらめく ぱしょんふるー(杏里) »

2006年12月 1日 (金)

師走が街にやってくる。

師走が街にやってくる。

利根川から湯気が出ていたよ。対岸の煙突からは、煙白くたなびきたる。

先週末、友達と第一弾「おふろ会」企画として台場は大江戸温泉物語に行ってきます太。お台場、噂通りのガラガラ具合は素晴らしかった。お昼前なんて、ショッピングモールのデッキに下劣な落書きがされた屋台がうら寂しい体で冬の日光にさらされていたよ。時の流れ、わびさびをも感じられるスポット。ランチはサプライズでおたんじょBを祝いつつ、風呂へ移動。

大江戸温泉、満足度を上回る料金…。私は借りる浴衣のサイズを誤り、つんつるてんで「村の子供A」のようないでたちに…。江戸風味の町並みを歩きつつ、クレヨンしんちゃんの映画「オトナ帝国…」てこういう感じなのかもしらん、と思いました。全体的にとてもゆるゆるしていて、施設から出て“帰る”のが億劫になる所など。

特筆すべきは、30℃台の温泉に棲み、且つ人様の角質をついばむ驚異の淡水魚ドクターフィッシュ!足15分コース、記憶推定価格1,050円也。はじめこそばゆくてたまらないものの、慣れると軽く電気で痺れているみたいな感覚に。10人前後居る他のお客さんの足元は閑散とする中、友達の足元のみ実質3000円クラスの大フィーバー。それが彼女の角質の量によるものか、味によるものなのかは世界の秘密なんだ、永遠にきっと…。もしくは空気の読めるドクターフィッシュからの誕生日サービスかも新米。

第1回「おふろ会」総括:お台場でお風呂に入った場合、帰路での湯冷めはほぼ避けられない。

|

« 新居訪問で大失態の巻。 | トップページ | 都会は きらめく ぱしょんふるー(杏里) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173501/12887239

この記事へのトラックバック一覧です: 師走が街にやってくる。:

» 大江戸温泉 [有馬温泉、草津温泉、黒川温泉、下呂温泉など日帰り温泉情報を紹介]
東京お台場の天然温泉「大江戸温泉物語」の公式ホームページhttp://www.ooedoonsen.jp/ [続きを読む]

受信: 2006年12月27日 (水) 15時18分

« 新居訪問で大失態の巻。 | トップページ | 都会は きらめく ぱしょんふるー(杏里) »