« UNO部(冬期・鍋場所) | トップページ | 足立区のヲンナいはく »

2007年2月 4日 (日)

素敵的☆週末

つるちと共に餅ロック@多摩川に立ち寄り。生まれて初めて(?)餅をつく。
真冬の多摩川河川敷で、リズムに合わせて餅をつく、という酔狂な企画。
その日、茨城はけっこうな強風が吹いていて、一応セーター3枚重ね着してきたものの(もこもこMAX)東京方面に向かう電車の中で「都内もこの様子だったら、行くのやめよう、絶対」と思っていたら、そうでもなかったので行ってみた。ら、楽しかったよ。短い滞在時間ながら、数回行った多摩川企画で一番楽しかったかもしんまい。濃厚な日本酒寄りの甘酒age。ほんとうに甘酒スキ…。甘酒のプールで溺れたいくらい。ドッロドロだね。近いうち、天野屋に行こうと思う。

その後は、久々の下北沢。ざわざわ。
遅めのランチを食べながら、遅めの誕プレ(“全プレ”的に)献上。つるちの喜ぶ顔を見て喜ぶ。鳥籠のようにも見えるモチーフの揺れる金のピアス、ギザカワユス。エッヘン。「『マリー・アントワネット』を観る」というのがその日のメインプランだったにも関わらず、「ちょっとだけね。ちょっと寄って見るだけね」と古着屋を廻っていたらとうに日は暮れていた…。私にとって一番テンションが上がる煩悩スポットは、古着屋と飲食店だな、と思う。アゲ☆アゲ。背中のタグに「るみこ」と書いてあるチョッキを買いました。ああ、果てしない。最近アクセサリをよくつけるようになりました。じゃらじゃら。
今日のワッホイ戦利品:
・るみこチョッキ
・本革なのに7000円の肩掛けバッグ
・琥珀的首飾り
・ピロスエが表紙のanan(でも、中身は見開き1Pだった…)

夜は夜とて、細い路地を入ってパスタがメインのお店に入ったら、パスタ以外の料理が美味しかった。どうしたことだろう。ヘンな長テーブルを挟んで女たちは語り&デトックスでその日を閉めました。

|

« UNO部(冬期・鍋場所) | トップページ | 足立区のヲンナいはく »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« UNO部(冬期・鍋場所) | トップページ | 足立区のヲンナいはく »