« 2007年6月 | トップページ | 2007年9月 »

2007年7月

2007年7月22日 (日)

おーる・ないと☆ニッポン

Sora

完全なる時差ボケスパイラルに陥っている九月です、こんばんは。
職場ではあまりのうつらうつらぷりに
「今日は早めに帰っていいよ…」
と憐憫の声をかけられるほどにスパイラル。
コーヒー2杯までいただく始末。
嗚呼ずびばぜん。やさしき人たちよ…

帰ってきたで、茨城。
とりあえず、只今、24を斜め見しながらお仕事中。

ピッ(ズッガーン)ピッ(ズッガーン)ピッ(ズッガーン)ピッ(ズッガーン) 
(↑アノ秒針の音を擬音化してみる)

なつかすー。
なんかトニーの腹が出ている…?
メルトダウンの計画を知る尋問中の女の人が木の実ナナみたいです。
ジャックは親子の情に訴え、泣き落としに入っています。(ちがう)
そういうやつだよね、ジャックは。
タフでなければ生きていけない。優しくなければ生きていく資格がない。
やさしさー

しかし、これは原発の話ではないか…
ローマで日本の地震の話を聞いた時に感じた背筋の冷たさよ。
柏崎付近の親戚一同の無事を確認したものの、
皆の家は住めたものではないという話で。
命が無事だったら、というのは本当に本当にそうなのだけど、暮らしていた家が壊れる、それが元通りとはいかなくとも、新しい生活を始められるまでの、その道のりの大変さはきっと想像を超えるもので、そういう状況で私ができることったら微々たるものだろうけど、それに目をつむらないように気を付けたいなと思う次第。

と、早々内省的な文章になってしまいましたが、
徐々に出すよ、旅の物語を。
ほんとうに良い旅だったものですから。
むしろ、珍道中的要素が少なくって戸惑うくらい。

日々、旅の名残が身体から離れていくのが分かって少し淋しい。
消えないものもあると同時に、薄くなって消えていくものも確実にあるのだ。
さみしいね。せめて、時差ボケしている間に色々記憶を保つための記録をしておかねばなるまい。

旅は豊かだ!

| | コメント (3)

2007年7月13日 (金)

拝啓 SPF50の国から。

我、巴里ヲ発チ、無事イタリア二入国セリ。
巴里タノシカタネ。
モンマルトル、巴里ノ高円寺+代官山÷2ネ。(てきとう)
サクレクール寺院、心震エタネ。

只今、現地時間18:06。滞在しているのは、港町Livorno。
伊太利娘は私の予想のはるかななめ上を横切り、きゃなり達者にイタリア語を操っている模様。
詳細は、また後ほど。

とりあえず、炭水化物祭りです。

| | コメント (4)

2007年7月 6日 (金)

おたふくソースmeetsスーツケース

おたふくソースmeetsスーツケース
イタリア娘のリクエストに応えて、乾燥納豆、おたふくソース等がスーツケースにin。そしてお世話になる異国の人への手土産チョイス「どら焼き」と日本食材を含めて、脱臼警報発令中の異常に重いスーツケースの3分の1は食・べ・も・の。

昼の成田線は、甘ずっぱい感じの高校生7割、バァバ本人がすっぽり入りそうなカゴを背負った行商のバァバ1割。

予想以上に阪神タイガースライクなスーツケース(←ネット通販で購入)と、謎のモンタナTシャツと共に旅立ちマウス。モンタナ・ジョーンズ。再見!

| | コメント (2)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年9月 »