« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月

2007年11月19日 (月)

その後

結局、いつものようにTOKlOタワーを見上げながら、出稼ぎ先へ向かったところ、着くやいなや卓上でイニシャルGが出まし太。

高跳びすれば良かった…

この晴天の下、一気にメンタルヘルス崩壊の危機。あがが。

| | コメント (0)

どんなに寝てもあくびは出るのだ。

どんなに寝てもあくびは出るのだ。
気にしない。気にしない。

座席の向こうの中年女性の髪型は、まるっとデヴィ夫人で異様なボリュームだけど、気にしない。

気にしない。気にしない。

1本早く駆け込んだ電車の、我孫子での停車時間がやたら長いの、気にしない。


ダッフルとブーツ、いやがおうにも冬ではないか!

こんなに晴れていると、地下鉄になんか乗らないで、高跳びしたくなるのが人情です。金沢行きたい、金沢。

| | コメント (0)

2007年11月14日 (水)

科学の力をもってして

071114_140501

みんなが自分の仕事に飽き始め、眠気も襲うPM2。

隣りのデスクのメンズ(青シャツ)の鞄の中から
アルコホリックぱっちテスト登場。
弱いことを十分自覚しつつも、決定的な何かをつきつけられたい
とどめをさされたい、マゾヒスティックな気持ちにかられ、
メンズはさんで向こうのおねいさんと3人並んで、てすとてすと。
20分後、右から順に
「つおい人♥」「そこそこ飲める人♥」「飲めない人♥」ときれいに並ぶ。

嗚呼。
周りに顔色を心配されながらお酒を飲む星の下に生まれたのわたし。
いやだーい!
佐々木酒蔵の日本酒がおいしく飲める人間でありたい。
27にして、突然の隔世遺伝しかすがるものはないけれど。


ちなみに、青シャツメンズと私の間には、いつの間にか共有財産になっている境界線上のクロレッツ(ボトル)をめぐって、時々小さな波が立ちます。そんな日々です。押忍。

| | コメント (4)

2007年11月 7日 (水)

ママン58

 071107_211802

先日、DKNYの読みを「ドンキーでいいの??」と本気で聞いてきたうちの和美が、ついに58に。60に大手。でも、実はわたしも、ダナキャランだって分かっていても、字面を見るたび、絶対違うと思いつつ心の中で「ドキニィ」と読まずにはいられないので、ママンを全力で否定することはできません。


あるよね、そういうの。

伊武雅刀の雅刀を違うと知りつつ、どうしても「ガトゥ」と読みたくなる、とか。イブ・ガトゥ…。フランスのお菓子みたいってその都度思ってるとか。そういうの。


そんなママンは行事番長なので、本日は自らのとりしきりで勤労後3人で地元デナー。
マニュキュアとか塗ってきてるあたりがかわいいな、和美。

せっかくなので、娘セレクトの花束を。
お花を選ぶのは楽しいね。我ながらナイス花センス。
2本混ぜた、ホトケノザ似のスイートバジルは、強いけどとってもシャンとした匂いで、持ち運ぶ電車の中でも匂って、これの発信元わたしわたし、と思いながらいい気分で電車に揺られてきたことだよ。


おめっとさんでした!
これからもよろしくね。

| | コメント (0)

2007年11月 5日 (月)

ブラウン管越しの人間観察

最近の気付きをすこし。

■その壱
こないだ久々にテレビでMEGUMIを見たら、
すごい普通になっていた…心配。
もともと普通だった子が、エネルギーを放出して女ぷりを上げているタイプと思うので、余計気がかりです。
ひな壇も後ろのほうだったし…大丈夫かなあ。

■その弐
その失われつつあるMEGUMIエネルギーを吸収しているかのように、
久本雅美が女ぷりを上げているのも気になる。気になるぞ。
髪型だけの問題なのかしら?
ぷらせんた的さむしんぐ?

■その参
ぴろすえ。新CMはエロスの域。いいのか。
こないだドラマに出ていたのをチラ見しましたが、やはり私が惹かれているのはお芝居抜きの本人そのものらしい。透明感を持て余しているような印象。贅沢だなあ。
私の中の「透明感BIG3」は不動のまま、広末涼子、麻生久美子、樋口可南子なのですが、麻生久美子はお芝居をしている麻生久美子も好き。ちゃんと、見てて本人が透けて見えない。見えたとしても良い厚みになる、というか。生命力にあふれている感じがピロスエとは違う感じだなあ。はかなくない。伊賀大介との浮いた話を聞いたときは、あの少年ぽさの横に透明感!ないすカポー!と大いに納得しまし太。「UNIQLO」CMに心を掻き乱されます。酸いぃ。抜け出す、抜け出すよ!久美子と抜け出すよ!いつかの篠原涼子と清志郎ばりに!でもあれはデコルテが寒いと思う。

おわり。

| | コメント (0)

2007年11月 3日 (土)

料理心。(『おい!ピータン』的に)

071104_023201

夜中にひとりキッチンで料理をつくる。
みんな寝静まっている間に。好きな音楽をかけながら!

この、夜をぎゅっと濃縮しているような、
ひそやかで、いい知れない時間の流れ方が恋しくなるのは
いつも秋がきて、冬がだんだん深まるこの季節。
記憶の果てでは、高校生にまで溯るので、昔からそうらしい。
そういうときの料理は、コトコト、だったり、ぐつぐつ、がいいね。
この、冬の夜の料理心と幸福感の音のイメージは、
私の中で、ユーミンの『チャイニーズ・スープ』の感じ。
あったかい部屋で鳴る音の感じ。
でも、本日は、フライパンDEジュー!の後、サイレント。
なぜならオーブンなメニューだから。

こないだ常夏娘新居で覚えた例のやつ、作りまし太!満足。


キッシュ,My love。(キャリスタ・フロックハートはかわいいねー)


さて、この写真の中で間違いアイテムが1つあります。どれでしょう。
間違いというか、方向性の違い…

A.妖怪汁(だいだい味)
こないだの顔絵のときに差し入れでいただきまし太。
汁って…
それも「だいだい」って色じゃねいのかよ!と思っていたら、
どうやら柑橘系果物の品種であるらし。ほほう。

| | コメント (2)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »