« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月

2007年12月31日 (月)

ヨックモックは飲み物です。

071231_164401

かばんの中から姿を現した高級菓子は
ともだち曰く「…ヨックモック顆粒」(シガール)でした。
みんな、いくらヨックモックでも
かばんの中に単品で忍ばせておくと
粉々になるから要注意だゾ!
さあ、一気に飲み干せ!!

というわけで、2007年最後の夕日が沈んでゆきます。
こんばんは。ひさかたぶりのリアルタイム更新万歳。
さて、今日の戦略について考察せねばなるまい。


たぶん居間のメインはK-1で、でも前ほどの興味がもてなくなってきたので、流す。その合間合間に、紅白にチェックを入れ、しょこたんだけ狙い撃ちしたい。黒船リアたんは、「御大の歌で故郷をおもいだして泣いちゃったんです。だっておんなのこだもん!」って言ったらいいよ!わっしょい。ダークホースは「大みそかドラえもんもうすぐネズミ年だよギャ〜!スペシャル!!」ギャ〜!実際本人(ドラえもん)的には大変な1年になるんだろうな…と思うと、投げやりの一言では片付けられないタイトルですね。そして9時からはガキの使いをたしなみたい。その後は、そのまま日テレメインに夜を越す方向で。ナイナイ、カウントダウンでなくて、ぐるナイになったのは今年から?

今年は地上波では映画やらないのだね…内容はどうであれ、お年賀にひとこと書きながら、流して見るの好きだったのにぃ。去年は「東京タワー」(黒木瞳らの方)を見て紛糾しながら書いていたっけ…
おととしは、引っ越しの荷物の中に埋もれながら、「ジョゼと虎と魚たち」を見ながら書いていたわそういえば。

以上のテレビ予定をこなしつつ、今から書きます。年賀状を。
おおみそかに書くのは、毎年恒例です。
それでいいのです。
逆に、みんな私からの年賀状が1日にちゃんと届いたら
軽くいやに違いないから。
そういうことは、求められていないのです。
空気を(読む力を)大切にね!!


新年まで、あと6時間。
さんきう 2007、世話になったな。
それでは、みなさま、よいお年を。

| | コメント (2)

2007年12月15日 (土)

みしゅらん鍋。

071215_223302
鍋@板橋におよばれ。ワッホイ。
みぞれ鍋、それは魅惑の響き…。
でも、わたしたちが馳せ参じた頃には、みぞれというか、なごり雪になっていたような気がしないでもないのですが、次々に振るまわれる美味なるサイドメニューにとまらぬ舌鼓。家主の料理の腕、噂に違わずタモリ並み。ていうか、たぶんタモリ。揚げ餅、鶏と野菜のごろごろ炒めもの、卵と玉ねぎの某かのふわふわ、きわめつけに自家製サングリアですよ…サングリアですよ…2回言いますけど…ねもちのしやわせものめ!料理のうまいメンズ(女子しかり)はやはり女子(男子しかり)にモテると思います。食事って大事。身体をつくるんだものね。料理を食べさせるって、実はすごいことなのかも。そう思うと、日々家族の身体の素を作る「おかあさん」ってすごいのかも。


その後、部屋にさりげなく置いてあったパンダのパペットがきっかけで、まさかの人形あそびスタート。20代後半から30代しかいないその部屋で…8人中4人がひとりっこという、現代な構成のその部屋で…。ぬいぐるみって魔性だぜ。みんなあの人形を手にはめたら抗えないぜ。ほろ酔いだけのせいではないぜ。自分の肩をテテテと登ってきた後、照れたように顔を隠すパンダ(人為)に悩殺される人間が男女問わず続出。件のパンダはお歳暮菓子を漁った上、最終的に、クルテクとセイント聖矢フィギュアを生け贄としてポアするに至りました。狂気の沙汰でたのしかったです。おわり。

ごちそうさまでし太!

| | コメント (0)

2007年12月 1日 (土)

上野DEスキップ。

071201_210802

ムンク展へ。
「『叫び』見れるね!」とかはしゃいでいったら、「叫び」来てなかったよ…

ムンク、やはりベース、重苦しい。閉塞感。苦しいね。
だから、甘やかな絵はすっと空間の中で浮いている。
「声/夏の夜」。水辺の青にほっとする。
この絵だけではなくて、いろんな絵に写り込んでいるノルウェーの景色を見て、
ムンクさんは大分故郷の自然に救われていた部分があるのではないかなあ
と思った。その海辺、その森が彼のそばにあってよかったね!と。

今回の展覧会は、作品における「装飾性」にスポットをあてた展示だそうで、
2階の展示室には小劇場や、個人住宅の子供部屋のための作品が
なるたけ立体的に、ムンクが意図したように展開されていたよ。
子供部屋だっつってるのに、どうしても公園の景色の中にハグしあう男女をガンガン描いてしまったり、果実をもぎとる少女にちょっとエロい意味を含ませてしまったりと、結局受け取り拒否されてしまった模様ですが、どっちかというと、悶々なムンクに発注した依頼主のミスだったのでは…という意見でまとまりました。


観賞後、沖縄ちゃんこのお店にIN。
ご主人が沖縄出身の元力士さんらしい。
鍋を1人前で頼んだら、塩沢とき似のおかみにイヤミを言われる。やんややんや。沖縄ちゃんこというだけあって、最後、しめは沖縄そば。これすてき。なんだか赤いお酒をおいしくいただいたら、いい具合にきもちよくなったので、横断歩道でスキップを嗜みました。1人じゃないです。ええ、3人で。スキップの魅力、再確認!アガる!元気がないときにやったら、いやがおうにも楽しくなると思う。きっと。

スキップなテンションで、「ゾンビ」という愛称で集合時、恒例イベントとなりつつある、ゲーセンの「ハウス・オブ・ザ・デッド」を探すも見つからず、妥協して「サイレントヒル」をやったら、質の違った気持ち悪さで一同グロッキーに。これはいかん…。いくらゾンビでも白衣着てると、撃つの気分悪い。そしてGが画面いっぱいに…。これはいかん。これの前にやったオンラインの学園クイズゲームの平和さったら!(←ちなみに同時刻選抜者中、全国3位をマーク。)

| | コメント (0)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »