« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月

2008年10月30日 (木)

笑い飯@アメトーク

たしかに、いつみてもスロースターターですが、
ネタのキレ味も鈍くなっているように見受けられましたが、
1時間はもっていなかったですが、
たいこもちもフォローもなんだか遠いような感じでしたが、
M1を見越したよしもとの臭いもいっぱいでしたが、
やっぱり私は笑い飯がすきだ!

と思い込んで、暫くテレビを眺めていたのだけれど、本当は、
ただただ動く西田を見ていたいだけなのかもしれない、
と気付いてしまっ太。

そうかあ。
そうだったかあ、わたし…。
なんか、少し自分にがっかりした。
でも、笑い飯がまたすんごい面白くなったら、
笑い飯が好きって迷わず言えるので、
がんばってください。

モシーン!

今はとりあえず
タオルケットな西田が好き。

| | コメント (2)

2008年10月20日 (月)

その参

その参
…完全に迷路に入ってしまいまし太。

朝5時を回るとこうなります。嗚呼。

眠。

| | コメント (2)

その弐

その弐
オカアサン!秀作ノ予感ガ実ヲ結ビマシタ。

自分史上(ピアス部門)最高完成度。

| | コメント (0)

その壱

その一
海がテーマな模様。

ショールピンは2作目。

巻き物がなくては冬は越せなせん。

| | コメント (0)

突然、炎の如く

てもちぶさた
むくりこくりと雑貨(作りたい)欲、上昇中。

ふいに来やる深夜の誘惑。

「SCANDAL」にて鈴木京香がいい女すぎることをママンと再確認。

最近、母親との会話中「美空ひばりか!」という突っ込みを入れるのがごく個人的に流行っています。

| | コメント (0)

2008年10月19日 (日)

ダリヤの帯

081019_145701

日経BPのBPが、もうBigPeachとしか
思えなくなった九月です、こんにちは。

足りない画材を買いに、ブーブで愛しのジョイフル本田へ。
パパンの愚痴を言いたそうだったママンを連れ出し、
かすがいとしての役目も果たしつつ。
入ってすぐの事務用品売場のエンドに並ぶ、運動会グッズに心踊る。
金メダル、銀メダル、銅メダル、必勝鉢巻き勢揃い。
こういうの大好き。ほ、ほしい…あ、あげたい…
メダルいいなあ。丸くて平べったいフォルムも、首から下げるところも。

紙売場でスケッチブックを真剣に選んでいる子の横を通り過ぎたとき、
すごい子供の匂いがした!
懐しいな。
こどもたち、多いに遊んだらいいよ。

ここ3年使っているKYOKUTOのA5手帳が2009年にして残念なリニューアルを…でも、デザインした人の、その勇気は買う!でも使えねいよ…ドぴんく。毎日手元に置くものだもの。agendaに浮気しようかな…

ホームセンター内とは思えない、ナイスセンスなアンティーク家具と雑貨のお店「Old Friend」では、早くも(?)マフラー、巻き物、ニット帽、冬の恩恵オンパレードで鼻血が出るかと思った。何故あんなにも冬の小物は魅力的なのか…「はうわ!」(漫☆画太郎)とひとり小さく叫ばずにはいられません。そうか、きっとアレだな、前世北欧の出身とかそういうことだな、きっとそうだ。ムーミンも好きだしネ。血が騒ぐのネ!

半壊した複合機プリンタを売りに、ハー○オフへ。
夏目2枚に成り候ふ。

売場は、いろんな人ん家の匂いで充満していて、なんだか息苦しかった。
空気が淀んでいるというか、重い。ぎゅうぎゅう。
やっぱり身に付けるものはここで買う気にはならないなあ。
古着屋さんは良くて、ここが駄目なのは何故かしら。
と、少し考えたのだけど、目的が違うからかな、と。

古着屋さんに行く人って、安さも勿論あるけど、それなりに身なりに気を遣いたいぜ!服を買いたいぜ!(つまり、服が好き)と思って出向く人で、そのお客さんを出迎えるお店の人もやっぱり服が好きなわけで…ああ!そうか。買う人も、売る人も、品物に愛情を持ってるから、あんまり嫌な感じがしないのかしら。
○ードオフの場合は、みんな第一に安さを求めて来ている感じ。食器から服、楽器、電化製品まで、節操無く並んでいる中の服、で。当たり前ながら、みんな服を買いに来ているわけじゃなし。そうそう、いらなくなった服が、いらないもののまま並べられているからイヤなんだな。「あー!がんばれば、これ使えるかも」というよなものもあるっちゃあるんだけど、良く考えたら頑張る必要は全くないのである。あらー。
フロア全体が捨て鉢みたい。使ってた人の日々の垢が、そのまま残っているようで少し怖い。骨董市でも、手に取りたい商品って、やっぱりそれなりにお店の人が目をかけて、手をかけて、並べている商品が多い。(私の場合)
店員さんも疲れている、というか、イヤイヤな人が多くて、買い取った品物から出るホコリ対策か、マスクを付けてる人もいて…。

あーちょうスッキリ!
なんか、やっぱり大事なこと、落としちゃいけないものって確実にあるのだな、と今思った。良かった。

| | コメント (2)

2008年10月14日 (火)

さて

081009_192201

今期のドラマについて。
久々の更新ですが、迷わず、今期のドラマについて。
なぜなら。

はい。佐々木蔵之介 IN『ギラギラ』。
主演ですから。
主演ですから!あの頬骨が!
いいんです。ifもしも、ドラマが薄かったとて!
だって、だって、「みどころ」を見てよ。↓

「妻、一人娘と幸せに暮らしていた中年男が突如リストラに遭い、家庭を守るため妻に内緒でホストの世界に舞い戻り、自分の心の中の「ギラギラ」を取り戻していく…」

蔵之介がギラギラを取り戻していく…
蔵之介がギラギラ…

これは見ないと…

【内容】
元伝説のホスト・七瀬公平(佐々木蔵之介)は妻の桃子(原沙知絵)と一人娘との幸せな生活を送っていたが、リストラに遭って職探しをするハメに。だが中年の公平を雇ってくれる企業はなかなかない。悩んだ揚げ句、公平は六本木のナンバーワンホストクラブ「リンク」の新人面接へ。公平を見たオーナーの園部有希(真矢みき)は目を疑った。かつて六本木の王とまで呼ばれた男がそこにいたからだ。昔の名前で通用するほど甘い世界ではないと追い返そうとするが、ナンバーワンホストのイーグル(五十嵐隼人)が、ある条件を公平につきつけた……。

…イーグル。みんな迷いなく心からイーグルって呼んでいるのかな…
奥さんが原沙知絵っていうのがいいと思いました。

『流星の絆』と『SCANDAL』も1話は見てしまう予感。

| | コメント (2)

2008年10月12日 (日)

富ィと富岡八幡宮。

081012_134102

こないだ会ったのは、夏の前。
ひさびさトミタンと門前仲町デイト。
トミィとはなんだか毎回レトロな仲。
そして毎度、話に夢中になって地下鉄を降りはぐるという…

軒を連ねる和菓子の誘惑をはねのけ、深川不動尊を通って骨董市@富岡八幡宮へ。
表参道から境内、横道まで、結構な数のお店がずらり。(銀杏の強烈な匂いに包まれたブロックの店締めが早かったのは気のせいではないと思う。)未使用のポット、大きな絵皿、ガラス製品、バッジ、お菓子のラベル、壊れかけのラジオ(!)…興味深し。
結局、名も知らぬ古いNHKアニメのごはん茶碗を買うか迷いに迷い、「暮らしの手帖」2冊と富岡八幡宮の「伊能忠敬ステッカー(旅・交通御守り)」だけを手に神社を後にしまし太。やはり紙物なのね…

深川飯で小腹を満たし、向かうは三鷹。
大学時代の友・こばやんぐ、ことイラストレーター小林郁嬢と鞄作家の塩原智さんのユニット『前髪マニュアル』展示会へ。長屋をイメージした鞄、粋。内布がてぬぐいだったり、細部まで手と目が行き届いた作品が並んでおりました。こばやんは、ほんといい絵描くんだよなー!うまい!動いてんの、いつも。アニメーションを思う。素敵なクリスマスのグリーティングカードを入手。おつかれ山!

三鷹から、夜迫る井の頭公園を突っ切って吉祥寺へ。おすそわけのお菓子を食い食い。ひとりじゃあ怖くて歩けないくらい、暗い。しっかりと、森である。踏みしめる落ち葉も、森である。吉祥寺に入ると街灯がぽつぽつと灯り始め、緑が明るくなるのです。

最近入ることの多い「il cafe」で丼。オサレ丼。
チャイもケーキも頼んで、続く続く、甘過ぎないガールズトーク。
や、ガールズ…ちうかウーマンだったね。
やることやらねば、甘いのも分からなくなってしまう。

それにしても、ラヴいな、吉祥寺と言う街は!!
なんなんだ!

| | コメント (0)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »