« 祝う。 | トップページ | 夏の日に。 »

2009年7月15日 (水)

ミス.殻ごとピスタチオ

090715_220601

暗闇で、おつまみのミックスナッツを文字通りつまんで食べていたら、どうも頑固。なっかなか噛めない、と思っていたらピスタチオでした。殻!

そんなほろ苦い思い出のある前回のchiliライブ四谷天窓@馬場から、はや半年?
転勤同伴ツアー真っ最中の人妻シンガー・chiliが一時帰郷ヤーヤーヤー。
なんや、今回のchiliさんはとてもよかった…
声の湿気とリバーブの溶け方が涼やかで、もう、それだけでよかったくらい。
届いたし、満ちていた。
進化していた、歌う身体。
気持ち良かった。揺れてしまった。
瞬間、満ちて、引いて、駆け巡ってしまった。
歌だよ。音楽にしか、できないことだよ。
半分しかできていない新曲「哀しい気持ち」。
なんばしよっと!(意訳:わたしをどうする気なんですか!!)
せんせい、はやくかんせいさせてください。

----------------------------------------------

090715_211202
memo
・高田馬場の「鳥やす」は、すごくおいしいのに安いって卒業して6年目の気付き。
・件のメニュー表があまりに達筆すぎたので、ベストメニュー(字体)を選び、後で合流したミウラ1000springに同じ質問をしたところ、数あるメニューの中から2人が選んだそれぞれのベスト字体「ぼんちり」(私※写真参照)/「ささみ」(栗田氏)をナイスコメントともにチョイス!ささみ:「男子が好きな格好よさ」/ぼんちり:「それよりもセンスがいい格好よさ(注:コメントママ♥)」。友達だなあと思った。栗田さんで一回落としてるところも含め、いや、ほんと、すごい。so nice!これからもよろしくオネギャーします。
・「baby-G」:山手線でセコセコと足下を旅する小さなゴキブリを見つけて思わず出た一言。幼いゴキブリの意。小さな蛾でも可。いつか流行ったカシオの腕時計、という意味は乗っ取られました。言語上の下克上。あまりに嫌すぎて席を立ってまで逃げたのに、執拗にbaby-Gにチェイスされるミウラの様子は「ファインディング・ちーちゃん(ミウラ)」として語り継がれることとなる…。

おや、書き終えると、つるちゃんとちーちゃんのことが好きです、としか言っていないラブレターのような日記に…おまえら、思い上がるなよ!なめんな!!

|

« 祝う。 | トップページ | 夏の日に。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 祝う。 | トップページ | 夏の日に。 »