« 2009年8月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年9月

2009年9月23日 (水)

朝まで生大喜利

090923_050101

連休最終日の夜明け。
多摩川の河川敷で朝まで大喜利。
白んでゆく空をバックに、ボケる人々。

これからの人生、趣味を訊かれたときには「大喜利」と答えようと思った。
もういいよ、森ガールとか、仏像ガールとか…もう、大喜利ガールで!

淀みなく、即興で、驚くほど秀逸なお題を繰り出す彼は、
あのとき、確かに円楽だった!

「キング・オブ・コント」の録画をまだ見ていないのに、
さっきmixiのニュース見出しで、はからずも結果を見知ってしまいヘコー
あああああ

やっぱり、わたし、お笑いが、すきだーーーーーーーー

| | コメント (0)

2009年9月20日 (日)

謝辞

Miyakoyukei

長月の始め、齢29に成り候ふ。
おいしいもの、ごちそうさま。

鈴が、まさに鈴なりになったブローチピンをもらった。
鈴の音がとても澄んでいる。

りりりり、りんりん、りんりん、りりり。

鳴ると、わたしが鳴っているみたいで嬉しい。
ので、いつも(28歳時)より多く走っています。
地下鉄の階段も、会社の階段も、なだらかな坂道も、
軽やかにすっとばす。いいね、軽やか。風が吹いてるみたいにね。

フレッドペリーの赤いチェックのハンカチは、
デニムスカートの大きなポケットによく似合います。
スクールガールにも想いを馳せます。

アラーキーの写真集。『センチメンタルな旅 冬の旅』。
何度か、本から目を上げた。ちょっと、まって、ください、と思った。
以前借りた『ボーイズ・オン・ザ・ラン』を読んだ時も、
ちょっと、まって、ください、と何度か本から目を上げて、現実の空気を吸った。
感情移入なんて生易しいものは受け入れてもらえない。
「全うする」。
頁をめくる。目になる。
妻・陽子の死を全うする。
終わりが来る。閉じる。赤い表紙。

夕陽色のボタン。
大好きな、気のいい街で、夜の手前にもらったイタリアのボタン。
指輪にしたらいい、とすぐさま思いついて心がギュンギュン回った。
オレンジにサーモンピンク、菫色、雲みたいに白、
透明なボタンの上で色が流れている。
水彩画のよう。眼福幸福。
朝焼けかもしれない。

ちなみに、母には『深海魚 暗黒街のモンスターたち』(わたしが見ても気持ち悪くなるくらいグロくて最高な写真集)と共に『28歳のリアル』を手渡される。まじでー。「とくにマネー篇を読んどいた方がいいと思う」と言い放ったときの母の目!まじでー。そーだよねお金はだいじだよねー

ほかにもいろいろと、
Thanks a lot !!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!! (←29あるから)

| | コメント (2)

2009年9月18日 (金)

マチコについて。

真実を知る子、とかいてマチコ、とヨム。
マチコはちいちゃい。
小さい、というよりは、ちいちゃい。
笑うと、いい感じで歯が見えるのよミニグラマー。

マチコは助産師だ。
私は助産師についてイメージ以上のことは何もわからない。ただ、マチコは高校のときから、はにかんだり、笑ったり、いくら泣いても最後には笑顔の印象しか 残さない娘で、そして隣りに居ると不思議と安心感のある子だった。今思うと、“逃げない”人、なんだ。だから、助産師になったと聞いたとき、重 いものをきちんと重いものとして受け止めながら、「生きる」のはじまり側、喜びの瞬間に立会う仕事は天職なんじゃないかな、と思った。見つけたんだね、と。

久しぶりに会ったminiマチは、ものすごいエネルギーがみなぎっていた。
しゃべってるだけでも、エネルギーが「うおお」と絶え間なく周囲に放射されているみたいだった。でも、それは当てられるようなもんでもなくて、私にも浸透してくるような懐の深いエネルギーだった。マチコが「与えるよりも、もらうもののほうがずっと大きいから」って言っているのは本当なんだな、と思った。答えが、目の前にある。

マチコは、来月から2年間、青年海外協力隊として、ホンジュラスに派遣される。

…ホンジュラス?

はて…南米か、はたまたアフリカか…
私も国名を聞いた時にはピンと来なかったんですが、ココです。

Minimachi

THE 中米 でした。

【ホンジュラス共和国】
面積は日本の約3分の1。
人口およそ710万人。
首都は、テグシガルバ。
公用語はスペイン語。
民族の内訳は、ヨーロッパ系・先住民混血91%、その他9%(先住民6%、アフリカ系2%、ヨーロッパ系1%)。写真を見るだに、国の人の外見は、日本人の私から見て、メキシコ人とそう変わらないイメージ。
宗教はカトリック。
ちなみに1502年、コロンブスによって発見された国だそうだ。 

外務省HPホンジュラス共和国の情勢についての頁には、

  1. 我が国は国際社会とともに、今次のクーデターを非難し、セラヤ大統領の復帰を含む憲法秩序の早期回復を求めます。
  2. 今後、国連や米州機構等の国際社会の取組が奏功し、平和裡に問題が解決されることを期待します。

(参考)

  • 現地28日未明(日本時間28日夜)、ホンジュラスにおいて、軍がセラヤ大統領を拘束し、コスタリカに移送。同日、ミチェレティ国会議長が「臨時大統領」に就任。
  • 6月30日(ニューヨーク時間、7月1日午前)国連総会において、今般クーデターを非難し、セラヤ大統領の即時かつ無条件の政権復帰を要求する等の決議がコンセンサスで採択された。

とか、そういうことが、フツウに載っている。
つまり、私にとって、私の住む国にとって、フツウの状態ではないことが起こっている国。
助産師として、市の機関に勤務するらしいので、私が想像していたような常に命の危険と隣り合わせな生きるか死ぬかの現場に放り込まれるというわけではないらしい。友達として胸をなでおろしつつ、ずっと「自分か、もしくは誰かが遠くに旅立つ時までとっておこう」としまいこんでいた富岡八幡宮の伊能忠敬(交通安全・旅行安全)ステッカーを進呈してみた。

いってらっしゃい!

握手もしたし、ハグもした。
マチコは2年後、確実にマチコDXとして帰還することは間違いない。

この2年間、わたしはなにができる?

| | コメント (0)

2009年9月 2日 (水)

さよならミャーコ

さよならミャーコ

焼きたてかどうかはさておき、あんぱんでは、ない。

| | コメント (0)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年11月 »