« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月

2009年12月20日 (日)

M1グランプリ2009予想

あと6時間後に迫った今年のM1。
12月3日時点、ファイナリスト&敗者復活予想。
↓↓↓
-------------------------------------------------------------------
★M1グランプリ2009、ファイナリスト8組+敗者復活1組

・ジャルジャル(よしもとクリエイティブ・エージェンシー)
・笑い飯(吉本興業)
・モンスターエンジン(よしもとクリエイティブ・エージェンシー)
・ノンスタイル(よしもとクリエイティブ・エージェンシー)
・U字工事(アミー・パーク)
・ハリセンボン(よしもとクリエイティブ・エージェンシー)
・ギャロップ(よしもとクリエイティブ・エージェンシー)
・ナイツ(マセキ芸能)
・POISON GIRL BAND(よしもとクリエイティブ・エージェンシー)

☆優勝:モンスターエンジン
◎敗者復活:ジャルジャル
-------------------------------------------------------------------
あんぱいぎみなちょいす。
あまりおもしろくないよそう。
50%の的中率。パッとしません。
ただ、笑い飯!
周囲が予想から切り捨てる中、信じてヨカッタ笑い飯。
あとは、ギリギリながら、ハリセンボンを入れたところを評価したい自分で。

【正式決定ファイナリスト8組】

ナイツ(マセキ芸能社)
南海キャンディーズ(よしもとクリエイティブ・エージェンシー)
東京ダイナマイト(よしもとクリエイティブ・エージェンシー)
ハリセンボン(よしもとクリエイティブ・エージェンシー)
笑い飯(よしもとクリエイティブ・エージェンシー)
ハライチ(ワタナベエンターテインメント)
モンスターエンジン(よしもとクリエイティブ・エージェンシー)
パンクブーブー(よしもとクリエイティブ・エージェンシー)

東京ダイナマイト、てっぺん来そうだな、となんとなく思った。
ちうか、パンクブーブーほんまにきとう…!
ミウラ、おそろしい子…!

でも、パンクブーブー、岸谷五朗っぽい気もするボケの人、実は結構おもしろいよね。
あと、去年の敗者復活動画でのチーモンチョーチュウ。個人的には好きなんだけど難しいだろうなあ、と思っていましたが、会場が結構沸いていた。

おもしろい、漫才が、見たいです。

| | コメント (0)

2009年12月 9日 (水)

JIN1話は再放送で見たぜよ。

JIN1話は再放送で見たぜよ。

No Heattec,
No Life!

左上のユニクロ時計はやぶさかでない。


しばらくの取り置き期間を経てようやっと買った毛糸の帽子が嬉しくて家の中でかぶってウロウロしていたが、家人にいっさい突っ込んでもらえず。
ひとこと褒めてほしいという薄い期待を悟られたか。

| | コメント (3)

2009年12月 6日 (日)

今日の神父はイタリア系アメリカ人と見た。

091206_123002_2

ながしー&あっこchang結婚式。

なんか、こう、灯台みたいな2人だ。
点っていてほしいし、点っていてくれるんだろう。
砂浜から、街から、寝っ転がった野原から、ふと目をやると、
オレンジのランプが空にじんわり溶け出している。
日々をきちんと紡いでいくこと、足ることを知っていること。
2人のいるランドスケープ、2人のサイズ感。
安心します。

---

■手紙ほど、心を打つ言葉の波はない。のかもしれない。
絶対に心は伝えきれないし、まるっとは届かないのだろうけど、手紙は流れない。
読む言葉、聞く言葉、見る言葉として色々な形を取ったとしても。
今日も、想いの振動を、失われることのないエネルギーでお届けされてしまった。
お決まりだけど、みんなが新婦や父母が読み上げる手紙でハッとしてグッ!
を経てのポロリもあるよ、になってしまうのはそういうわけだ。
タイムカプセルみたいに、気持ちの結晶になった言葉は、
いつだってそのときの空気を、決意を、真空パックで保存し続ける。
言葉は三角、心は四角。まあるい涙よ飛んで行け。

■ウェルカムトランク制作。
冬で、クリスマスで、一面の雪で、毛糸で、猫で、おゆうぎ会。
夜、大きなクリスマスツリーの隣りでほっこり光る姿を見て満足。

■2次会司会(初)。平均点は打ち出せた模様。maybe。

■理由なんて、ないことのほうが、多いのかもしれない。
古い洋館に満ちた、ギターとピアニカ、そしてボンゴ。
みぎたさんが唄う「いかれたBaby」。引力だった。

■最寄駅に降り立ち、同封されていた式場の地図を見たら、
式場名以外の全ての濁点がなかった…。コンヒニ…フラサ…
「ニゴリ!」と繰り返していた真田広之の気持ち、今このとき!

今日の結婚式を巡る人々、その思い出たちに惜しみない拍手を!

| | コメント (4)

そして

091206_195201_2

味の“引き際を知っている”ケーキ。
それは、チャカティカのバナナケーキ。
「下北沢編」最後のケーキを、
心から食べたいと思っている人に届けられて、よかった。

絶妙。
ごちそうさまでし太!

| | コメント (0)

2009年12月 2日 (水)

特急ノ、通過待チヲ行ッテオリマス。

特急ノ通過待チヲ行ッテオリマス。

テンパる。

という言葉は学生のときに聞き覚えて、どうやら麻雀をたしなむ際に活用する言葉らしいが、結局一度もたしなまずに、本来の意味を吹き込んで発音することはなく、二次的な言葉として今も私に生き残る。

そして、こう、タイヘンダ!イッパイイッパイデ、アセッテオリマス!の状態に陥る度に、どうも「テンパる」以外に言い表すことあたわず、それ以上にズバリ一言この状態をなぞる言葉が見つからず、今日もこうして「テンパる」「テンパる」と、もぐもぐ口を動かしながらおうちを目指す。東京タワー、見返り美人。

冬の温度から遮断された車窓内側、進路は夕方ながら、オレンジに傾くにはまだまだ早い。女の子のモヘアのカーディガンもやさしいな。柔らかい光の移り変わりに、いろいろほぐれてほしい。などと、馬鹿。

耳には、ふた足早い春の歌。
リズム、リズム。響く、リズム。
音も、匂いも、おんなじくらい記憶を積んでたのでした。
そんなの知ってた。過積載、上等。

と、あっちゅーま、夕暮れ。
not ラーメン、カレーが食べたい。
うまいの食べたい。でも、ネギは入れません。 

| | コメント (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »