« 2010年2月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年3月

2010年3月28日 (日)

とある春の日。

とある春の日。

仏欲ときどき食欲(さくらもち)、のち物欲、のち睡眠欲。今。サタデーナイトは静けさに向かって。


春ってなんなの。
服ってあんなに魅力的だったっけ。
靴ってこんなにドラマチックだったっけ。
なんなの、春。


買っちゃった!使っちゃった!といったって、わたしが使い込む(使い込める)額などたかが知れてはいるのだけれど。欲しがる気持ちは泉のように。


今日回したマニ車も、阿弥陀如来も、はるか遠く…完全に、まみれちまった煩悩に。
下品下生、濃厚。(浄真寺九品仏を見てきました)

| | コメント (4)

2010年3月24日 (水)

仏像ナイトvol.2

Vol2

イエスが生まれた日がクリスマスならば、釈迦が生まれた春の日は…
クリスマス、ならぬブディスマス。(仏陀→ブディ)

ということで、お釈迦様の誕生日に当たる4月8日。
「花祭り」や「灌仏会」などと呼ばれるこの日、草花で飾った生まれたてのお釈迦さまの仏像に、あ・まーい甘茶をかけてお祝いをするのです。

と、いうことで、vol.1でのまんじまるさんとのおもしろトークが記憶に残るtsubakingさんのお声掛けで、仏像ナイトvol.2、予想GUYのスピード開催が決定しました。

今回はtsubakingさんが、仏像ナイトをまるっとプロデュース。
仏像部は、企画・進行などのお手伝いという形で参加の、ゴージャス出張版です。だって、ゴージャスってなにがって、開催場所は、仏像部もびっくりの、まさかの阿佐ヶ谷ロフトA。それだけではない!かもしれません。追って詳細お知らせします。

ちなみに、またもや平日木曜よるだったり。
さくら、咲き乱れている頃でしょうか?
ぜし、あそびにきてくんつぇー 何卒!
そういえば、仏像部部長が仏ログ、ご開帳。

☆*. ・。. ・☆【仏像ナイト Vol.2〜メリー・ブディスマス〜】☆*. ・。. ・☆

4月8日はお釈迦様の誕生日。つまり仏像ファン達にとっては、クリスマスならぬブディスマス! 盛大にお祝いしようじゃありませんか!!

Vol.1の興奮も冷めやらぬうちにやってきました仏像ナイト特別編。
今回はまさかの阿佐ヶ谷ロフトAに大出張!

【sim temple】
市長になって街をつくるのがsim cityなら、寺をつくるのはsim temple。あなたはお寺の経営者。全国各地に散らばる仏像を、ご来場の皆様の投票で伽藍に配置して、理想の寺を建立しましょう!!

【talk】
Boogie the マッハモータースのドラマー『Mr.tsubaking』、雑誌ワンダーJAPANのライター『まんじまる』、ナレーション・リングアナウンサーとして活躍中の『郡正夫』ら、各界を代表する仏像マニアによる仏像対談!!
スライドショーもあり、脱線必至の珍奇な対談になること間違いなし!!

【日程】2010年04月08日(木)

【時間】開場18:30/開演19:30

【会場】阿佐ヶ谷ロフトA

【出演】Mr.tsubaking(Boogie the マッハモータース)、まんじまる(『ワンダーJAPAN』ライター)、郡正夫(ナレーター・リングアナウンサー)、ほか

【料金】前売¥1,500/当日¥1,800(共に飲食代別)

※前売券はローソンチケットにて3/13(土)より発売開始(Lコード:35756)

【お問合せ】阿佐ヶ谷ロフトA(03-5929-3445)

| | コメント (0)

2010年3月17日 (水)

meet チベタン仏画師

先日、会社で仲良しの校正さん、家田さんこと家ジィの紹介でチベット・タンカ絵師の飯野博昭さんにお会いしました。

タンカ?

not短歌。
それは、チベットの仏画のこと。
チベット仏教が広く伝わるチベットやネパール周辺では、それはもう、“一部屋ずつ”くらいの勢いでタンカが貼られているそうです。日本における仏画よりも、とてもポピュラー。

タンカの話も仏教の話も、土地土地の食べ物の話も、
全てが旅の匂いに満ちているので、というか、旅そのものでもあるわけで。
風が吹き続けているようなお話は、とても興味深いものだったことよ。

Shokanon_2
(C)飯野博昭 ※画像は一部切り取ったものです。ちなみにこれは聖観音!

タンカ!Thangka!
これがまたすごい。ただの絵ではなく、宗教的意味合いのある縁起物なので間違いはいっさい許されないという…スキャンした画像だとボヤッとしてしまっているのだけど、この筆致!私がいただいた複製写真は、日本のお客さんのオーダーで“和”な、ほぼモノクロ仕上げ(一部金塗装)の珍しいもの。タンカのほとんどは、極彩色のインパクトの高い、曼荼羅みたいな色世界。これは欲しくなるのが人情ってもんでしょうという具合の作品群を見せていただきました。(ポートフォリオ)すごく素敵な弁財天(サラスヴァティ)がいて、惚れ惚れしまし太。実物が非常に観たい!

飯野さんのHPはこちらですが、ほんとね、写真で見てギリギリだった。
webでは伝えきれない。私も、やっぱり実物観ないとわからないだろうなと思う。
けれども、みてね。こちら (再)


20代後半、5年間世界をさすらっていたヒロさん。
旅の最後に行き着いた国、ハンガリーでふと、
「タンカを描こう」と思いついたという…はてしない物語!
「そうだ、京都へ行こう」とかそんな次元の「ふと」とは大違いだよ!ヘビー級だよ!
(詳しく書こうと思ったのですが、次回発行「BTUTUS」の特集のために、
とっておきます思いきり出し惜しみします!)

| | コメント (2)

2010年3月 6日 (土)

卒業制作24時

卒業制作24時
仕事完了。
白んだと思ったら、もはやもう昼の領分ではないか。

本日のプログラム。
つづきまして24時より新宿は歌舞伎町にて、ライブペインティングを少々。


S55世代による20代卒業式(DJイベント)にお呼ばれしました。さんきう!
顔絵を除くと、ライブペインティングは実はお初。
ライブペインティング=思いきり遊んでいいよ、
と心得まして、喜んで解放する次第。

直前ではありますが、お誘い合わせの上、是非。

新宿マーブルというライブハウスで24〜5時まで、深く深い時間に絵筆をとります。
\2000(1D)ながら、55世代は\500割引も。


では、しばし、眠。

| | コメント (0)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年6月 »