« 2010年3月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月

2010年6月15日 (火)

越後小沢道中

越後小沢道中
とんとご無沙汰。
100日ほど放置をば…エ!100日…!1年のうちの…

その間、ちょうどtwitterを始めており、明らかにその影響が感ぜらるる…※アカウントはtanya_kariiiでやっています。

などと、遠い目をしつつ向かうは越後。
3時間後、王子と謁見。
僕らが旅に出る理由:小沢健二に会いにゆく。
只今長岡。
トンネルを抜けて、空気はだんだんと冷たく、澄んできた。

10年前の僕らは胸を痛めるよりも、弾ませて、高鳴らせて、ドアノックや、さよならなんて云えないよなんて聴いていたんだ。
今、わたしの隣に座る娘からテープなんてもらって、小さく折り畳んだルーズリーフに1曲1曲思いの丈と萌えポイントをしたためて渡し合ったり(今でも大部分を保管)していた、はちきれんばかりのピチピチ田舎女子校生時代。
今はなき(生きてます)エビ●ワ先輩にあげるお菓子を秋の夜長にことこと作っていたことだとか。

そんなノスタルジーも余りある。遥か彼方の日々と今夜が繋がることへの期待もある。

でも、それよりも何よりも、小沢健二その人を確かめにいく、という気持ち。

朝、行き掛けに駅の階段でつまづいて、おおお皿割れたかな…と思うほど強打した膝に対する不安を除けば、すばらしくご機嫌な旅の道程。
この分だと、温泉と寺歩きの予定がまっさらになるかもしれないがっかり感にそっと目を閉じれば、希望に満ちた旅の道程。

| | コメント (2)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年7月 »