日々のこと。

2011年5月23日 (月)

引っ越しまし太。

2006年4月より、なんとまあ5年に渡り細々と綴っていたブログ。
わたし自身がついにお引っ越ししたということで、
新たな日々を仕切り直して綴りたいなと、ぼちぼち新しいブログ立ち上げてました。

今まで、僻地ブログを一度でも通りすがった人、
ちょいちょい見てくれていた奇特でやさしいアナタ、
今日までにわたしと出会った人、音楽、映画、漫画、雑貨、たべもの、
数えきれない色々を含む世界にまで、ありがとうございましたと
言っておいたほうがいいんじゃ…!
なんて、大層なことを思ってしまうような

そんな気分です。
こんな気分は、早々ないよ。

新しいブログは「EDO(N)の、東」

あの…これ…江戸の東と、EDENの東かけてるんですけど…

わかりにくいって言われました…ました♥

遅れてきた上京組の、押さえ切れないテンションが感じられるネーミングですね!

とにもかくにも、引き続きのご愛顧、何卒よろしうお願いします。

追伸:HP自体のメンテはまだ諦めてません。

EDO(N)の、東。 http://karicolle.blog.fc2.com

| | コメント (0)

2011年3月11日 (金)

こんにちは血尿(救急外来完結編)

「せんせい、階段でお尻から3段落ちて、長風呂した翌朝に血尿が出たのですが…」 馬鹿に馬鹿を塗り重ねるように説明するわたしにせんせい(ヤングな研修医)は言ったよ。 「打撲による血尿ってあまり考えられないんですよね…」

ね。ないって。打撲による血尿。 なんとなく半笑いなのは、気のせいだよね、せんせい。 じゃあ、じゃあ何経由でわたしの尿は赤く染まったというの、答えてヤングせんせい!

「現状、血尿自体は止まって出ていないということなので、精密検査をしてみないとなんとも…」

 

正月だ!血尿出たよ、なんでだろう!(五七五)

 

わたしたち母娘がたいへん心もとない顔をしていたと見え、そのまま診察を終わらせるつもりだったであろうヤングは、最後に簡易エコーで我が内腑をチェキってくれました。ありがとう。というわけで、ほどけない不安を抱えたまま安静に過ごした30の正月。テンションの上がりきらないまま、腎臓内科と泌尿器科について調べつつ、ドリームマッチも見ずにボウっと過ごした30の 正月。みんな!なにはともあれ身体が資本だよ!

明けて4日。ヘイ泌尿器科!冒頭の、馬鹿に馬鹿を塗り重ねるような説明をしたところ、せんせい(おじさん医者)は言ったよ。

 

「ハッハ-、子供がケンカして背中打って血尿出すとか、よくある事象だよベイブ!」

 

語尾語頭は演出ですが、内容は真実…! もう、わたし、 子供じゃあ、ないけどね! ケンカっ早くも、ないけどね! 階段でひとりピエロだったけどね!

「血尿も止まっていることだし、様子を見て自然治癒さ心配いらないよガール!」

そっかー、そなのねー、ていうか、おい研修医(ヤング)!…研修中なだけあるな。事例! 血尿事件2010、事の顛末は以上です。 この場を借りて、ご心配おかけした関係者各位に謹んで詫び入れちゃう。 マヌケでごめーんご! 血尿を経た今、わたしが言えるのは、重複するが、冬場の毛糸の靴下には気を付けたまえ!ということだ。それだけだ。

Huranken

| | コメント (4)

2011年3月10日 (木)

こんにちは血尿(待合室編)

※2011.1.1つづき

対外的に一応気丈に振る舞うも、不安過ぎる血尿な自分。

「お風呂の王様」(スーパー銭湯)で血行と共に血尿まで促進させていた自分。

バカだった。若かった。1日若かった昨日の自分の過ち…

北鎌倉の帰り、友達の家にてルクエで蒸しパンを作りつつ、年末だから空気が澄んでるね、東京の東でも富士山が見えるね、なんて言いつつ、全身血尿の不安に包まれていた自分…

(血尿先輩伝はわたしに希望を与えてくれましたが、細かいシチュエーションが色々違うので、不安をぬぐい去ることはなかったのです)

 

その不安は家に向かう常磐線でピークを迎え、ついに「血尿 尻 打撲」でiphone検索するまでに…!まさかマイiphoneも血尿検索されるとは思うまいて。

そして、出るわ出るわ恐怖を煽る検索結果!

 

腎臓、損傷、膵臓、婦人科系疾患…

 

ギャース!!

 

家に帰り、事の次第をとつとつと説明する三十路の娘に、失望と心配ないまぜの表情を浮かべるママン。親孝行と逆のベクトルを走り続ける、こんな娘でごみんなすって。みんな!親の心配する顔ほど、バツの悪く、面目ないものは…ない…よ!

 

明けて翌日。元旦に母に付き添われ救急外来とか…ぼくって何(三田誠広)?

血尿自体は1日経って収まったものの、受付で「打撲で血尿」と告げると「エ!まじで!?」みたいな顔をされるので、それなりの覚悟をするわたくし。でも、待合室となっている廊下の長椅子に腰掛けていると、明らかに「打撲で血尿」よりも深刻な事態に陥っている方々もいらっしゃるわけで、不安とはいえ「打撲で血尿」は所詮「打撲で血尿」なわけで。それなりのたたずまいで呼び出されるのを待つ。

 

呼び出されるタナハシ。立ち上がるタナハシ。

お医者「え…と、怪我されたのはどちら…」

Ketsunyou_2

もーバカ!ママンのいでたち!

最近、うちの母親の中でマイブームなバンダナ?っていうの?

あのタオル地みたいなゴムのアレ。 昔ふかわりょうがやってた、みたいな。 立川談志は今もやってる、みたいな。

ママン曰く「夏木マリがやってて、これだって思って!」

 

いや、どう見ても成功してないでしょ。

まず生地チェンジするところから始めてみよう?

ね、怪我した人とか思われちゃうからね。

 

そして肝心の診察結果は?!

次回、ついに完結(か)!

| | コメント (0)

2011年1月 1日 (土)

2011.1.1

元旦から救急外来へGO、若い研修医に尻を見せつけてきたタナハシです、こんにちは!2010年が大殺界でも厄年でもなかったって本当ですか?!

喪中につき、新年のお祝いの挨拶は控えさせていただきつつ、
2010年に感謝を。さんきう for all!
ありがとう。
2011年も何卒よろしくお願いします。

はて、なぜわたしが新年早々若い研修医に我が臀部を見せつけるはめになったのか。
昨年、逆の意味で「もってた」んじゃ、と思えなくもない私の2010年を締めくくった、ことの顛末を記しておきたい。

ときは2010年12月30日。
北鎌倉かずみん邸に集いしあきゃえ、みうら、たなはし。ハイスクール時代から縁あるこのメンツ、毎年年の瀬に寄り集まって鍋をつつき夜を明かすことが恒例行事となっておりまして。だいたいどういうテンションかと言うと…

Life_3

スーパーで買いもしないバカサングラスをかけてはしゃぐくらいのアレですあしからず。
ていうか、これが大船のライフに売ってる意味がわかりません。そんなにみんなパーティーピープルなの?大船って。でもわかんない、大船観音おったてるだけの民力だから、わかんない…

と、バカサングラスのテンションで選んだ今夜の鍋は「トマト鍋」(カゴメ)。これ、甘くておいしかったよ!酸味は強くないです。ベスト具材はプチトマト(これは普通の鍋に入れても激しくおいしい)。豆腐、ジャガイモもいい具合でした。女子飲み、家飲み受けの洋鍋ブーム続いてますな。チーズをinした後の〆のうまリゾットも堪能し、すこぶるかわいい猫・拳太とじゃれあい腹ごなし、リラックスしたところで…

…踏み外したよね、階段を。
階下のトイレット先生に向かう道すがらだったよね。
こうね、ドンドンドンって3、4段おしりで階段落ちを少々たしなんだよね。
みんな、冬場の毛糸の靴下はドンずべるから要注意だよ!

瞬間、尻は痛んだものの、歩行等無問題、ヨカッタ腰じゃない尻餅尻餅!テヘ!と判断して、車内でマイケル・ジャクソンをガンガンにかけながらスーパー銭湯「おふろの王様」に向かう前のわたしにかけたい言葉はありますか?って言われたら

Ebizouweb

って言うよね。
その上、露天の「壷湯」に入って、ひとり星を眺めながら今年1年を振り返り、4人中最も長湯していたわたしって、ことごとくなんなんだろうね!
その後、くんさきをつまみつつ、友人の旦那さんの実家で長年親しまれたきたという謎すぎるトランプゲーム「カナスタ」を夜通しやり続け(ゲームの発祥がウルグアイだとか、だまされてたんじゃ…ほんとはそんなゲームないんじゃ…)三十路の限界を迎えて就寝したかと思いきや修学旅行時の中学生的に「まだ起きてる?」な会話を繰り広げたその翌朝。事件は起こった。


血尿(初)!


これが、うわさの、血尿さま!
絵の具のついた筆をバケツで洗った云々具体的な描写は避けますが、とにかく、血尿さま!
おおおおお。動転するわたしに「わたし10段おしり落ちしたときに出た出た!かつ、自然治癒した!」と言い放ったのは、先日歯医者の待合室で延々とレディ・ガガが流れ続けた話で滑らない認定を受けた血尿先輩あきゃえ。「そっか!そんなものなのか」と胸をなで下ろし、帰り道別宅(みうら邸)に寄って窓から優雅に富士山を眺めつつ、ルクエで蒸しパンをつくるなど余裕の表情を見せていたタナハシだったが…?!(第1話「こんにちは血尿」あらすじ)

【救急外来編へとつづく…】

| | コメント (4)

2010年11月16日 (火)

10月はふたつある。

糸井さんも言っていたけれど、わたしも前々から思っていました。
いまの人にとっての成人って30歳。
寿命が延びていることもあると思うけれど、10年、うしろにずれている。
やっぱり、どうやったって黄色い昭和の時代のおとなびた20歳とは肩を並べられない。
年齢のイメージに追いつけないのはいつもだけれど、決してそれだけでなく。
成熟が足りていない。今、実感として。青々と、ミソジのわたし。



治枝ちゃんのこと、ハローグッバイ、コミュニケーション。
時間が経過しなければ、立てない地平と気付き。
7日目で気づくこと、10日目で分かること。
玄関でスニーカーを履くとき、振り向きざまに漏らす「日々進化しているんだね!」。
それでもなお、30になっていまだ、全然把握しきれていないわたしのこと。
本当は見えていること、領域、赦せること、赦せないこと、その他あのときifもしも的なぐるぐるに巻き込み巻き込まれつつ、感情の強さと頼りなさに驚き、我を知る10月。変えるべきこと、変わってゆくこと。

でも、考え過ぎはよくないって宇多田のヒカルちゃんも言ってた!
広く明るい方へってあきゃえも言ってた!
ミウラには「ミウラの魔法の言葉〜諦め4提言〜」いただきました!
あの日、かずみんの背中のレースはスケスケだった!

というわけで、
赤いベベ着るお年頃には、金子兜太並みの、「全肯定を経ての達観」にいきつきたい!
かつ、かわいい大喜利王のおばあちゃんになりたい!
そして、大往生のあかつきには、お通夜は夜通し大喜利DE決まり!

30はもう、こどもじゃない。
みんな、それぞれ、たいへんだ。
みんな、がんばれ(わたしも含め)。

育つために、開いていたいし、信じたい。
さんきう世界。
新たに。手の鳴る方へ。



誕生日は、ママンに花束を。
心から明るくなるような、あたたかい色の花束をみつくろう。

花を嗅いだら特にいい匂いはしなくて、花粉の「生きてる!」って感じの匂いがした。
名前に花がついてよかったなあ、と思った。
その、したたかさも学んでやりたい。

| | コメント (2)

2010年10月24日 (日)

おはるさんとわたし。

10月23日(土)12:38、おはるさんの旅立ち。

最後のハグは、2年前の冬。
1秒の邂逅。
もう、それまで色々話してたことなんてはるか、はるか及ばないのだった。
軽くなりすぎたおばあちゃんの身体と、するするとほどける時の流れと、距離と、込み上げる気持ちと、もう、一瞬でも早くそうしてたらよかったと思った。私はたまらず泣いてしまって、おばあちゃんにも、もらい泣きを食らわせてしまって、でも、確かにあのとき、深い場所に2人で降り立ち、繋がったのだ。
年老いた人と心が通じ合えたと思ったのは、あのときが初めてだった気がする。
人間として対峙していたんだ。
年齢とか、孫だとか、そんなのはなかった。
お互いを現状含めて、全肯定するよなハグだった。

作ること、縫うこと、詠むこと。
控えめに見えて、その実、強靭で、孤高の匂いもする人だった。
装いもすてきで、品のある人だった。
やさしいようで、やさしくなかったような気もする。
距離と覚悟があった。
孫にもマジギレした。
母親が、病気で長く家を空けていた小4の夏休み。家事のあれこれを担いにきてくれたおはるさんに、ひとり遊びに飽きた構ってちゃんな私は思わず、挑発的に「どうせ暇なんでしょ?」と口に出してしまったところマジギレ、急に荷物をまとめだして帰ろうとする(ある意味大人げない)おはるさんを、泣きながら必死になって謝って引き止めたっけ、なエビソード。

わたしを作るエッセンスのうちの結構な部分は、
実はおはるさんから流れてきているのかもしれない。
種を、芽を、血を、ありがとう。
わたしは、わたしを果たすことといたしましょう。

おはるさん、心から、人生、おつかれさまでした。
おやすみなさい。とても、とても、よい夢を。
柔らかい夢を。

| | コメント (3)

2010年8月23日 (月)

処暑ながら、暑いけれど、鈴虫はもうちゃんと鳴いていたり。

ともだちに

この夏知ったこと。
ゴーヤーの最終形態。
やっぱり南の国の子なんだね、きみは。
あと、オクラって天に向けて真っ直ぐ実が成るってことも知った。
いまだ知らないことだらけだ、世界は。

今、ギターガールに、読んで、もしくは歌ってもらう詩を精製しているのだけど、言葉を探して、使って3年になる携帯に保護られているネタメール(日記になりかけや、詩、散文的な)をチェキっていたら、ネタに紛れて送ることのなかったメールが出てきてウワァ!となった。鮮度!ジップロックか!

過去の自分にニヤニヤした。ああ、もう、わたし、かわいい…撫でてあげたい。

またまた久々なので、ツイッタの距離感とブログの距離感がごっちゃになっている。晩夏。

| | コメント (0)

2010年3月17日 (水)

meet チベタン仏画師

先日、会社で仲良しの校正さん、家田さんこと家ジィの紹介でチベット・タンカ絵師の飯野博昭さんにお会いしました。

タンカ?

not短歌。
それは、チベットの仏画のこと。
チベット仏教が広く伝わるチベットやネパール周辺では、それはもう、“一部屋ずつ”くらいの勢いでタンカが貼られているそうです。日本における仏画よりも、とてもポピュラー。

タンカの話も仏教の話も、土地土地の食べ物の話も、
全てが旅の匂いに満ちているので、というか、旅そのものでもあるわけで。
風が吹き続けているようなお話は、とても興味深いものだったことよ。

Shokanon_2
(C)飯野博昭 ※画像は一部切り取ったものです。ちなみにこれは聖観音!

タンカ!Thangka!
これがまたすごい。ただの絵ではなく、宗教的意味合いのある縁起物なので間違いはいっさい許されないという…スキャンした画像だとボヤッとしてしまっているのだけど、この筆致!私がいただいた複製写真は、日本のお客さんのオーダーで“和”な、ほぼモノクロ仕上げ(一部金塗装)の珍しいもの。タンカのほとんどは、極彩色のインパクトの高い、曼荼羅みたいな色世界。これは欲しくなるのが人情ってもんでしょうという具合の作品群を見せていただきました。(ポートフォリオ)すごく素敵な弁財天(サラスヴァティ)がいて、惚れ惚れしまし太。実物が非常に観たい!

飯野さんのHPはこちらですが、ほんとね、写真で見てギリギリだった。
webでは伝えきれない。私も、やっぱり実物観ないとわからないだろうなと思う。
けれども、みてね。こちら (再)


20代後半、5年間世界をさすらっていたヒロさん。
旅の最後に行き着いた国、ハンガリーでふと、
「タンカを描こう」と思いついたという…はてしない物語!
「そうだ、京都へ行こう」とかそんな次元の「ふと」とは大違いだよ!ヘビー級だよ!
(詳しく書こうと思ったのですが、次回発行「BTUTUS」の特集のために、
とっておきます思いきり出し惜しみします!)

| | コメント (2)

2010年2月25日 (木)

菩薩女子の未来は明るいか。

菩薩女子の未来は明るいか。

つり革斜め前の懐中時計を首から下げた女子が暫しアタゴオルヲヨンダアト、入眠。良き夢を。1日は長いよ。今はまだ朝だ。

と、年賀状、寒中見舞いのなれの果て、2010年春のご挨拶状をつくりました。ので、お年賀いただいた方々、関係各所御中、驚くほどスロウなお返事ではありますが、どうかお受け取りください。

春がきたよ。
足首を出してもよい。

| | コメント (0)

2010年2月14日 (日)

仏像ナイト御礼

6kanon_2

2010年2月4日。
プロジェクターを借りに行く道すがら、新宿の路上で。
なんか配ってるのもらった!と思ったら、朝青龍引退の号外。
いっそ、景品これで包もうか、と話しつつ準備準備。
朝青龍明徳。本名、ドルゴルスレン・ダグワドルジ。
本名も強そう。濁点!
優勝25回だそうだ。仏像ナイトは1回目でした。

予想をはるかに超える人の入り!(今回、mixiの仏像系コミュへの告知に対する反応がすごく大きかったのだけど、その中で実際来てくれる人がどのくらいのもんなのか計りかねていたのです)一時、足を運んでくれたにもかかわらず入場できないお客さんもいらっしゃったり、入れても身動き取れずのギュウギュウ!だったり(延べ100人の出入りはあったのではないか、という噂)用意していた仏像のしおり、こと「BTUTUS」が足らなかったりと、こちらの見通しの甘さからご迷惑をおかけしてしまった点も多々あり。反省!
満員御礼の中、第一企画『仏ー1グランプリ』では、会場のお客さんに1人1枚シールペタペタ方式で投票していただいた結果、まさかの初代王者の座をいただきまして、梨本ばりに恐縮です。仏像部でも、名ばかり副部長だというのに…精進いたします。とはいえ、やるからには!と紙芝居レベルのパワポながら本気でプレゼンいたしましたので(上のイラストはスライドで使用)、深夜帰宅後、訳のわかっていない母親に「仏1で優勝したナリ〜」と口走ってしまうくらい嬉しかったです。

100205_113601
↑戦利品の豊島屋の和菓子。でら美味かったが、蓋閉めてたのに開封半日でしっけた…

続く、まんじまるさん(☆1)の特別説法『大仏講義』から、tsubakingさん(☆2)との爆笑ココがへんだよ仏像トークと、たいへんな盛り上がり。さすが!下手すぎる御朱印のコピーも出回ったりと、会場は笑いの渦に。ここはロフトプラスワンか。暗がりの中、体育座り(スイマセン…)でスライドを見上げる集団というのも、なかなか。
いろいろと心配だった第二企画『仏像how much!?』も、お客さんの心からの仏像愛に支えられ、たのしく和やかに進行。曼荼羅1枚400万円とか分かるわけないよね。でも、スライドや正解に対するお客さんの反応が「仏像がほんとうに好き!」なリアクションなので、まっことうれしかったです。ヨカッタ。やってヨカッタ。ちなみにこちらの優勝商品は海洋堂の四天王フィギュア。

振り返って、内輪の仏像好きの思いつきからスタートしたとは思えないスケールのイベントだったことよ…。快く出演を承諾してくださったまんじまるさん、tsubakingさん、出演陣の豪華さったら!頼りに頼って、大感謝です。ほんとうにありがとうございました!そして、このイベントの様子が、どうやら本にちょっぴり載るらしい。どんだけなの…人の入りが物語るごとく、仏像ブーム、実感。たいへん好評でしたので、vol.2もやるんですって。ワッホイ。

100209_234001
↑実物は、5.2×7.5くらいの手のひらサイズで蛇腹の御朱印帳型です。

そしてそして!配布しきれなかった「BTUTUS」のPDFデータをアップロードしてもらったので、よろしかったらぜし。私は仏像イラストと、水月観音レポート書いてます。たのしかったーアドレナリン出ました。こちら↓
http://www.mediafire.com/?mmdutb3xmyz
(※クリックするとウィンドウが開きますので、ダウンロードボタンを押してください。 )

----------
☆1
まんじまるさん
ライター&イベントプロデューサー。珍スポット研究家。雑誌やトークイベント等を通じて、日本全国の神社仏閣、博物館、動物園、水族館などを独自の視点で ユニークに紹介している。現在『ワンダーJAPAN』(三才ブックス)にて「どっちの大仏ショー」連載中。トークイベント、旅行ツアーなど各種イベントを プロデュース。各地のカルチャースクールにて「仏像講座」「珍スポット講座(B級スポット講座)」を開講。
http://manjimaru.cocolog-nifty.com/blog/

☆2
tsubakingさん
Boogie the マッハモータース(http://btmm.jp/)のドラムス。スケボーキングのサポートドラムや、サエキけんぞう氏のバックバンド、電撃ネットワークのギュウゾウ氏とのDJイベントなどで活躍中!その一方、仏像トーク、歴ドル美甘子とのトークイベントなどでも絶賛活躍中。


 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧