をんがっく。

2010年11月22日 (月)

chili「夜を巡る」を巡る

chiliさんが新作音源「夜を巡る」をたずさえてTOKYOにやってきた!ヤーヤーヤー
最近、“転勤系アーティスト”などうまいキャッチをひねり出したchili嬢。
この冬は、九州をぐるりと回って、宮崎から大阪へ北上した模様。

※まったく人のことは言えないが日記以外更新が滞るHP内chiliブログ参照↓
chili!chili!chili!

新作音源「夜を巡る」は、すばらしかった。
声はずっと澄んで、遠くまで伸びていきそうだった。
引き続き、進化してゆく歌う身体。
感情がともり発光している、でもスムース。
なめらかな、声の感触。

「東京タワー」(ピアノver. /ギターver.)「夜という球体」3曲を朗読(と音楽)で挟み込んだ濃厚な夜のサンドイッチ。とてもとても夜。眠りに落ちる前にひとり、あかりをつけて聞きたい。わたくし、今回ジャケットイラストも描かず、朗読部分(散文)で参加しました。chili嬢が品の良い豆を挽いて淹れたコーヒーみたいな夜に、わたしがイメージした夜をミルクみたいにたらしてみたら...なコラボレーション。


chiliさんの読むわたしの言葉は、もう文字ではなく、音になっている。
鮮やかな驚き。ハッとした。
音になったわたしの言葉は、想像以上に素敵で(言葉がおめかししたみたい!)一度離れて遠くから見ても良いな、良いものがかけたなと思ったので散文をのっけてみる試み。

※アルバムの歌詞カードには「耳で聴いてほしい」というchili嬢の意向で、
散文自体はのっかってなせん。


____________

夜は巡る

 夜は、いつものように街にやってくると、公園の噴水の縁、スーパーマーケットの駐車場、オフィスの奥の応接室からエレベーターのボタンの隙間まで、満遍なく満ちて行った。たちまち、街は菫色に包まれ、地平線で日の名残が少し燃えた後、色濃い紺色の層を何枚も纏った。夜は、満ちはぐりがないか確かめるように、風に乗って街路を東から西へと泳いでいた。その折、ビルの間を歩く娘を見つけたのだった。そして、彼女のシャツの影に、自分を溶かしこんだ。

 夜は、娘の歩みとともに街中を抜け、電車に乗り込んだ。
 4両目から広がった夜は、車窓の向こうにたゆたうまだ若い夜の層と繋がってその色を重ねたので、街の灯りも、白や黄色や橙やら思い思いにその明度をまあるく上げた。鉄橋を渡るとき、下の川面にずいぶん夜が溶けてしまったせいで、空は川面よりもいくぶん明るく仕上がり、派手な街では電気の灯りで空が菫色のまま夜を明かすこともしばしばだった。それでも、ガタタン、ゴトトンと夜は深まり、しばらくすると、世界はすっかり夜になった。

夜の只中、電車は走った。
娘の口元が言葉を結ぶ。
ふ た わ む こ う だ い
聞き慣れない、文字の顔も、表情も分からない。
ふ た わ む こ う だ い
見知らぬ駅の名前は、ひらがなで意味を失った。
もてあそんだ音が落下するよりも少し速いスピードで電車は走る。
看板、中吊り、老人の手にある本、いたるところに文字は踊っていた。
「威嚇」の「嚇」は口に赤、赤。啼く鳥の嘴のインサイド。
鳥の口の中が赤かったかどうか、娘は思い出せない。
窓の外で、巨大なショッピングセンターは休むことのないお城として、
こうこうと、どこまでも白く、発光している。
サバービア、サバービア。

「突き当たりを右にいってください、次の交差点を左で。
あの、黄色い点滅の下あたりで停めてください。」
踵のヒールを12段分鳴らした後に、2m。
小さな部屋。
今日を修めるために、娘は、音楽を選ぶ。
水を飲み、身支度をし、眠りの延長線上へゆるやかにシフトしていく。
彼女は、枕元に小さなあかりを点し、
その日の出来事を、線も点もない真白い紙に綴った。
鉛筆の鉛は黒く黒く鈍く、その光を返した。
なめらかに、なめらかに、漆黒は彼女の指の間から、窓の外へと流れていった。
虫の声も、音盤からなのか、庭からなのかわからなくなって、
甘やかなひとりぼっちは生まれ落ちる。
夜は、わたしのために、その身体を果てなく広げているのだ。
そう思い、娘は安心してまぶたを閉じた。

 夜は、住宅街から街を越え、キリンのようなクレーンが群れ為す工業地帯を越えていく。さえざえとした銀色の機械も、もうもうと立ち上がる煙突の煙も、オレンジの灯りも。夜の姿は、いつの間にかたっぷりとした魚になっている。魚となった夜は、その身体が白むまで、世界のすべてを呼吸した。ひとしくまろやかに吸い込んでは吐き、吸い込んでは吐いていった。鰓から漉され出た空気には、少しずつ夜明けの粒子が混ざり始めている。

東の彼方、海の方から風が吹くまで、もう、間もない。

| | コメント (0)

2009年7月20日 (月)

GOOSE FRESH BEAT 09

090720_150601

つくばでマーガレットズロース!
と、車を走らせる、海の日だけど、森へ行く。

森ガールは、いませんでした…
でも、ブルース・リーが居ました。
GOOSE FRESH BEAT‘09
つくばでもフェスが。

車がないと厳しいこともあってかおおよそ100人規模で、大きなフェスもこんくらいの平和なゆったりした感じだったら良いのに…ヒッピーのコミューンってこんな感じだったのだろうか、とか。芝生になった半円の、くぼんだ真ん中にステージがあるので、とても見やすい。

露店は2店。ピタ、丼、グリーンカレー、カフェ類等。
キッチン・ソーヤのチーズ・バーはおいしかったのだけど、
もう少し糖分補給の選択肢があったなら!

マーガレットズロースは炎天下のなかだったので、夕暮れ時に聴けたならもっと良かったのになあ、と。平井さんの今の髪の毛は、私の理想のモジャ形態。

いつも、マーガレットズロースのライブを見ると、ああ、好きで良かった!と思う。好きな自分もひっくるめて、笑顔になれる。この日は、そう言っていなかったと思うのだけど、「世界は変わる」て魔法みたいな言葉を、詩を、歌を、平井さんの口から何度でも聴きたい。

FRESH!というバンドの「何らかの事情を知る男」と「北の長男坊」という曲が格好よかった。きっともの凄い人たちなのだろう。リズムに乗らせないって(リズムが複雑すぎて)すごいなあ。あと、tobaccojuiceの歌う人が妖精のようで(特にMCでの物言いが)、平井さんもそうだけれど、ああいうのが許されるヒトっていうのはやっぱり特別なのだと思う。その人にしかできない、仕事(役割?)なのだと思う。日が落ちはじめ、少し涼しくなって風が出てくる。「工場町」という曲が、リズムも歌の風景も心地よかった。

実は、同日「エレ片フェス09」に行こうかと直前まで迷っていたのだけど、帰りにつくば山温泉に寄り道できたことも含めて、298万歳!


| | コメント (0)

2009年7月19日 (日)

BADが出たところで…

追悼番組やワイドショーで、フルバージョンでもさんざんぱら流れているBAD。

やっぱり、このショート・フィルムでいちばんBAD(日本語でいう単純な「悪い」だけの意味ではないみたい)なのは、スーパースターを生きるリアルなマイコーなのだしょう。カラー部分は、ダリル(マイケル演じる青年)の理想の姿というよりも、ただ、マイコーの現実に見えたのだ。スラムも霞むくらいの、魑魅魍魎跋扈するショウ・ビジネス界で生き抜くマイコー。お前ら分かっとんのか、と。譲れないものを守るために、輝くために、どんだけ俺がBADになったと思ってんねん!(←西寺郷太のマイケル語りの関西弁の影響)WHO'S BAD!

このダンス、けっこうアドリブが入っているんだそうです。
全てカッチリ決めちゃうと面白くなくなるから、と。すげい。

以下、ひとりごと見所memo。
・マイケル、木の実ナナ時代へ。残念なことに、アゴも割れてきました…ちなみに、「Beat It」時代が私の中のベストマイケル(ヴィジュアル面)です。着ているピアノ柄のTシャツもかわいいんだぜ。
・3:43、5:18で出てくるここの踊りが好っきやねん。横断歩道とかこれで渡ったらいい。
・6:04のローラースケート!
・日の丸男子は、中国の方。not日本人。
・スコセッ氏な上、ブレイドの人が。
・最後のアカペラ部分が若干しつこいマイコー♥
・とんねるずがパロった「BAD」はのりさんのマイケルへの愛が溢れている。ライオネル・リチ男…!

マイケルのショート・フィルムを2回目以降楽しむには、マイコーの股間カウントをしたり、コメントがやたらと熱いニコニコ動画の方がおもしろいなあと思うのだけどココログには貼レナカタヨ。

| | コメント (2)

2009年5月18日 (月)

むねをうつ

一度、杉並区の路上で、自転車に乗って颯爽と走り抜ける姿を見たことがある。
競技用っぽいシュッとした自転車に、競技用っぽいピタッとした服を着ていた。
通り過ぎるとき、たしかに、目線が、きた!
一瞬だったけれど、間違いなく「キヨシローだ!」と思って、「今の…」と確かめるようにつぶやくと、隣りから「だったね」という返事が返って来た。

青山ロックンロールショー(告別式)に出向いた友達もいた。

亡くなった、という事実が、騒ぎを過ぎて世間に馴染みはじめている日々。
私は、そんなに多くの彼の歌を知らない。彼についても、たぶん知らない。
ただずっと「とびきり素敵な人っていうのはこういう人のことを言うんだろうなあ」と思っていた。わたしは、よく、便利なので「素敵」という言葉をいろんなところで安易に使いがちだ。でも、清志郎氏への「素敵」は120%、天然生しぼりの「素敵」です。

「ひとつだけ]  http://www.youtube.com/watch?v=ebiFkIOQFRg&feature=related

胸を打たれる。
大事なものをもっと大事にしようって心がキュッと引き締まる。
正しいとか、間違ってるとかじゃなくて、どれを信じるか、で。

原田郁子ちゃんのアルバム『銀河』の1曲目、郁子ちゃんと清志郎、2人で歌うタイトル曲の

「銀河」http://www.youtube.com/watch?v=K83RJLMPzPY

も、すごく好きです。

| | コメント (0)

2009年5月 2日 (土)

人生は上々だ、人参は棒状だ。

ユニコーンのライブに行ってきました。
@さいたまスーパーアリーナ
何万人収容なのかは知らないが、埋め尽くされた人人人。
豆粒大の遠くの顔をぼんやり眺めていると、だんだん健康サンダルのイボイボみたいに見えるほど、満員御礼な。年齢層は高め。子連れもちらほら。

民生の声は、寄っかかってもいい声。
安心して、寄っかかれる声。
男でも、サラリーマンでも、ヒゲとボインの二者択一に迫られているわけでもないけれど、2回目のアンコールの「すばらしい日々」よりも、「ヒゲとボイン」がいちばんハートに響いたのでした。「おかしなふたり」と「大迷惑」、嗚呼ノスタルジィ!「HELLO」もいい曲…。

テッシーは愛されているね!!
すきですユニコーン。
初めて聞いたアルバムは「服部」でした。
学生時代、初めてバンドでコピーしたのは「おかしなふたり」でした。

帰り道、大宮で寄った居酒屋の「うにくら」と「ハムかつ」(赤い着色料のソーセージの味です)があまりにうまくて、白飯を追加で注文してしまった。3、4人居る店員のおばちゃんがみんな似ていて区別がつかないので、「分身にちがいない」という意見にまとまりました。はやい!うまい!やすい!いずみや(本店)。

| | コメント (2)

2009年1月30日 (金)

chiliのこと。

Chili

愛しのつるちこと、ギターガールこと、chiliライブ@四谷天窓(馬場)。

前よりも、ずっと歌う人になっていて、まさに歌うカラダ、進行中。
音が、言葉が、歌になって響いていまし太。
彼女が座る。彼女がつまびく。彼女が歌う。
あの空気感はやっぱり素敵と思う。
--------------------------------------------------------------
※chili HPより一部転載ちゃん。↓
chili on YouTube 
2008年 9月24日 のライブ映像が、YouTube で見られます。
目指せ再生回数 120,000,000 回(笑)
ライブの chili は少々おんちですが、動画の記録は大変貴重なので、
みなさんぜひぜひご覧くださいませ☆
らせん」「東京タワー
--------------------------------------------------------------

私的には「いやあ、前よりMC喋れるようになったなあ」と思っていたのですが、連れのミウラ1000springが「ほんと素敵だったけれど、お話上手になったらもっといいのに」と言っていて、このズレに関しては絶対わたしが甘いんだと思う…。よ?つるち?

そうそう、今回九州よりやってきたchili新音源「chili&you」。
ジャケットは九月とchiliの、つつましやかな手作りです。
表には、りん娘(画像参照)があしらわれています。
家内制手工業、万歳。実はジャケットの紙も2種類あるんだぜ。
中の歌詞カード面は絵本風味。ぜし。
「らせん」「あじさい」「chocolate」の3曲入りで1000円也。
えっと問い合わせはHPまで!でいいのかしら…

| | コメント (0)

2007年4月22日 (日)

わたし→50cm→やっつん。

070422_140301
minamo music jamboreeの打ち上げにおじゃま。神保町は酔の助へ。
日曜日の真昼間からそれなりの人数の大人がまったり@奥座敷。

---------------------------------------------------------------------------------------
さる4月8日の出張顔絵、お顔描くこと、計21名!満員御礼☆
今更ですが、顔を描かせていただいた皆様、
はじめ、羊柄のテーブルペーパーをガムテでひたすら貼る作業に手を貸してくださった御仁、あたたかい汁物を差し入れてくれたYOU、その他、かまってくれた方々。
ほんとうに、ありがとうございまし太。
青空の下、音楽と、笑顔に満ちた空間で、ペンを走らせるのはとても気持ち良かった。
色も、表情も、春の陽気に誘われて明るい仕上がりになっている!と実感。
黄色とかピンクとか。
いろいろ課題もみつかりましたが、総じて良しと言い切って、ヨシ。
なにより顔絵を通じて人の輪も広がったのがうれしい。
---------------------------------------------------------------------------------------

といっても、当日はニンともカンとも広く交流する余裕があまりなかったため、
本日座敷にて、また少し輪を広げてみた。つもり。
日本語としても、料理としても気になった「玉ねぎの玉ねぎソース」は注文しはぐりました。すみません。「つぶ貝のエスカルゴ風」ていうのも…。出自はつぶ貝だのに、体裁ばかりエスカルゴ。つぶ貝はつぶ貝のままでいい。あの人は弱虫のままでいい。(ハウル)

その後打ち上げを退席し、向かったは代官山UNIT。
が、心の底から楽しみにしていたやっつん(エレキコミック谷井)DJ、見逃す…
が、ちょうど階段を降りていった先にDJ業務を完遂したやっつんが!!
やっつんの背中、まるい。帽子から出た頭髪モワモワ!
こんなに近くにやっつんが…!
握手してくださいって、言えば握手できただろうに、ドキドキして言えませんでした。すみません。(←自分に)
楳図センセの時には、あんなにサクッと言えたのに…
ふたりとも頭モワモワだし、ボーダーな感じだし、何が違うっていうの!嗚呼…。
今度会った時にはサインと共に、あなたと握手(aiko)!

そのあと、ピンの向井秀徳ライブ、曽我部DJ、生・鹿野(ロキノン!)DJなど。
私はナンバガもZAZENBOYSもあんまり聴いていないけども、向井秀徳という人の根っこに「流し」スピリットあり、と思いまし太。理系・流しスピリット。中野の街、午後4時から6時の空気が透明だとか、他にも街を歌った歌が数曲あって良かったなァ。ミラーボールがくるくる回って、まぶたを閉じてもきらきら光って、いい気分。曽我部おじさんは少し(横幅が)小さくなっていた。ターンテーブルの下の脛は確認できず。毛が生えていることを祈る。そして、生・鹿野。キューティクルが天使の輪を描いているの。彼史上最高であろう笑顔を浮かべ、胸の前で小さな拳を作って踊るの。だんだん小力に見えてくる不思議…。ロックおたくの晴れ舞台、という言葉が脳裏によぎった四月の夜。umm...

| | コメント (2)

2006年9月22日 (金)

世界チャンピオンのエア見たり。

先週末、おおち凱旋イベントと聞きつけ、誘われるがままいってきまし太。

☆☆☆☆☆ジャイアンナイトSP☆☆☆☆☆

9/22(金) open 22:00/start 22:30
【DJ】ダイノジ / 他
【BAND】フラワーカンパニーズ / 曽我部恵一BAND
/ アナログフィッシュ /ギターウルフ
【オープニングアクト】2丁拳銃 / フラバルス

吉本の芸人ダイノジがお送りするDJイベントがクラブチッタに初登場! 
音楽が大好きな二人の選曲は勿論、芸人ならではの楽しい趣向をお届けするイベントに間違い無し!


ということで、以下感の想を交えて。

★TIME SCHEDULE★
■22:30-23:00 フラバルス
umm…

■23:00-23:20 DJダイノジ
主催者顔見せ。

■23:20-23:50 2丁拳銃
生・小堀(ラメ入り腹巻装着)が非常にイケメンに見えた自分に吃驚。曲の前に漫才を!!たくさん笑った。渋いプロバンドをバックに歌謡ファンクからパンクまで。のりのり。たのしかった!

■23:50-0:15 DJ伊藤・遠山
たぶん居なかった。

■0:15-1:00 アナログフィッシュ
はじめて見ました、聴きました。魅了されました。どっしり音声多重。ベースの人、顔芸含め素敵。スーツがびしょびしょなのも素敵。隣りのアナログファンらしきメガネ女子が、終始ほんとうに、とってもいい笑顔でノっていて、そこでも「ああ、本当にいいバンドなんだろうな」と思いました。夜中ゆえ、夜をテーマに選曲していた模様。へっどらいとてーるらんぷへっどらいと…

■1:00-1:20 DJ2丁拳銃
おぼろげ。

■1:20-2:05 ギターウルフ
ちゃんと聴くのはじめて。どこまでが1曲で、なにがどうなっているのか分からないままライブ終了。「ロックンロール!」と「ベイベー!」しか言ってなかった、という認識は間違いですか?お客さんをステージに上げたり、組体操したりしている間もひたすら稼働し続けていたドラムの人の消費カロリーは計り知れない。ギターウルフの直前に会場の冷房がガンガンになったのは、衣装の革ジャンを考慮してのことだと思う。

■2:05-2:25 DJ
やっつん(エレキコミック)登壇!!!ヤヴァイ。好きすぎる…!いとおしい!!『太陽の小町エンジェル』大合唱。他にもまちゃまちゃがDJしていたり。小沢(スピードワゴン)が居たというのは嘘か真か。

■2:25-3:10 曽我部恵一BAND
いろんな意味で曽我部さんの今を見まし太。肥え〜。臑毛がつるつるだったのはきっと目の錯覚だったんだと思う。思いたい。『テレフォンラブ』会場に歌わせたり、照明落として携帯を発光させたり、ベタ楽しかった。ミュージシャンて世の中で一番気持ちよくて幸せな職業(?)に違いない、と思った。ギター弾く人ってなんであんなに格好よく見えるのか。(←曽我部さんじゃなく…)

■3:10-3:45 DJ魅惑のクニオ
あまりにもいい感じに気持ち悪いので、あやうくブロマイドに手を出すところであった。線の細さとか、視線とか、ダンスとか、完璧。トレンディやバブリーなJポップつなぎ。たしかに、魅惑。案の定、ミクシにコミュ発見。

■3:45-4:30 フラワーカンパニーズ
エネルギッシュ。えええ!!Vo.の頭部が…!ギター弾く人ってなんであんなに格好よく見えるのか、再び。でも、あまりの大音量に右耳やられる。1週間耳鳴りやまなかった。『脳内百景』と『深夜高速』と『東京タワー』はもう一回じっくり聴いてみたい。

■4:30-4:40 DJ
おぼろげ(再)。

■4:40-5:30 DJダイノジ
待ちこがれたエアギター!!!と思ったら例のJET1曲のみ。もっと見たかった。むしろエアバンドを組んでの演奏など期待していたのにい。そして、実際この目で見て、ギター4,5本叩き折ったり、エアエフェクタとか細かいアクションは面白いんだけど、正直、オオチ氏から世界一という説得力・パワーがイマイチ感じられず。『学校へ行こう』みたいな番組で素人に募集をかけたら、もっと異常なパッションを持ったギリギリ感のあるエアギタリストが見つかりそう。(オオチえあギター動画はコチラ:http://abcdane.net/blog/archives/200609/airguitar2006_champ.html)
イベントの〆ということもあり、お客さんの「盛り上がろう」という自主的意識も高まり、オオタニ氏のDJでフロア全体が揺れる。振り付け(by おおち)があると踊りは20倍楽しくなる、ということを知る。フジファブリックの『銀河』の振り付けが最高。今も踊れと言われたら、踊れるくらい。

嗚呼たのしかった。too shy shy girl な私も踊らずにはおれんかった。
これで¥3,500は安い。若さを振り絞って夜を明かした甲斐があったZE。

| | コメント (0) | トラックバック (0)